新橋日比谷口・SL広場からニュー新橋ビル。大盤将棋大会も!

レスポンシブ




東京・新橋。

テレビ番組で酔っ払ったサラリーマンがインタビューを受けていたら、だいたいこの街と思っていいと思います。

別名、サラリーマンの聖地。

今回は、そんなサラリーマンの聖地を歩いてきました。

聖地巡礼。違うか。

新橋駅・日比谷口。

今回はここからスタートです。

まず日比谷口を出て正面に見えるのは

駅前広場・通称SL広場のSL、C11形蒸気機関車です。

このSL、クリスマスなどの時期にはライトアップされたりします。

運転席にサンタクロースがいたこともありました。

また、一日三回 12:00, 15:00と18:00には汽笛が鳴らされます。

前触れなく突然鳴るので、ぼんやりしているととてもビックリします。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

ラ・ピスタ新橋

そのまま右手を見ると、競輪の場外車券売り場、ラ・ピスタ新橋があります。

ビルの外壁に大きく貼りだされたポスターのキャッチコピーは、女子競輪選手が

顔より太もも」。

たしかに、競輪選手は脚力が命で、顔より太ももかもしれませんが・・・

因みにこの建物の1階には、写真の左下にも少し写っていますが、宝くじ売り場があります。この日は売り場の前でマイクを持ったお姉さんが

「買わないと当たらないのが宝くじ、買えば当たるかもしれない宝くじ

5億円当たれば仕事辞めても大丈夫!!

と、道行くサラリーマンに呼びかけていました。

心揺れるサラリーマン多いんだろうなぁ。。

ニュー新橋ビル

ラ・ピスタ新橋の反対方向、新橋駅を背にして左方向を見るとここには

ニュー新橋ビルがあります。

ニューとは言え、竣工は1971年(昭和46年)2月。既に40年以上が経っています。

数年後には取り壊し、2023年には30階建て前後の商業オフィスビルが建てられることが決まっています。

そんなニュー新橋ビルの1階にも宝くじ売り場。

大黒様も服を呼びます。

違った、福を呼びます。

ニュー新橋ビルの服は洋服の青山が引き受けます。

流石サラリーマンの聖地。

急にスーツを買う事は無くても、汚れたり破けたりしたワイシャツやネクタイの替えが緊急で必要な場合もあるでしょう。

サラリーマンの強い味方です。

この洋服の青山、向かって右に歩いていくと大黒様のいる宝くじ売り場。

左に歩いていくと、別の宝くじ売り場。

5億円当たれば仕事辞めても大丈夫。

毎週土曜日開催・大盤将棋大会

毎週土曜日の正午から、このニュー新橋ビル前で将棋大会が開催されています。

ただの将棋大会ではなく、

大盤将棋大会。

一般のご家庭にはまず無いであろう、テレビの将棋番組で解説に使うような大盤サイズの将棋を指すことができます。

しかも結構賑わっています。

スポンサーリンク

ニュー新橋ビル・1階

ニュー新橋ビルは宝くじと紳士服だけではありません。

1階に多いのがチケットショップ。

スポーツ・演劇・映画等のチケットも勿論ですが、

特に多いのが東京駅から全国各地への新幹線チケット。

東京から地方へ出張するサラリーマン、あるいは地方から出張で新橋へ来てこれから地元へ帰るサラリーマンに安い切符を販売しています。

お腹が空いたら丼もののお店も多くあります。

かつ丼、天丼、肉めし・・・

豚大学。

入学したい。

小が500円で特大が1020円ということは、特大は小の2杯分以上の量?

フレッシュジューススタンド・ベジタリアン

新鮮な野菜ジュースを飲みたいときはここ。

その名もベジタリアンです。

どれを飲もうかしら。(写真に写っているのは通りがかりの一般のお客さんです)

45周年。相当な老舗です。

入れ替わり激しそうな駅前ビルの1階で45年も営業しているとは、これは間違いなさそうです。

無料で黒酢・リンゴ酢を入れてくれるそうです。

何を飲もうか迷った末に選んだのがこれ。

あしたばとケールのジュース。

注文するとその場で野菜を絞ってジュースを作ってくれます。

コールドプレス、とか、スロージューサー、とか言われる

こんなタイプのジューサーです。

りんご酢を入れてもらっても良かったかな。

ケールの青臭さが美味しい!

明日葉とケールだけなのですが、やっぱり搾りたてジュースなのでよくある青汁とは全然味が違います。

カロテン・ビタミンB・C・E・カルシウム・鉄

強壮作用あり・花粉症にも効果があると期待しています。

期待しています。

効果があるといいな。

ジュースを買うと野菜たっぷりサンドが100円!

手作りサンドと搾りたて野菜ジュースでランチなんて、女子力激高なOLのようですが

ここはニュー新橋ビル。オジサン率が相当高いです。

地下1階 憩いの地下街

憩いの地下街は居酒屋率が高い地下街です。

そんな中でふと鼻腔をくすぐるスパイシーな香りが・・

カレーは飲み物。

もう一度言います。

カレーは飲み物。

はじめてこの店を見た時は衝撃を受けました。

こんなにも五感に訴えるカレー屋さんは見たことありませんでした。

あ、五感といっても触覚はあまり関係ないか。

メニューは2種類。

黒い肉カレーと、赤い鶏カレー。

あとは小盛・中盛・大盛・山盛(すべて同一料金!)と、トッピングのみ。

あ、パクチー盛り330円ってなんだろう。

まとめ

今回は新橋駅日比谷口~SL広場~ニュー新橋ビル1階~地下1階と歩いてみました。

2階から上や、駅周辺のお店などまだまだ紹介しきれていませんので、また次の機会にもっと別の新橋をご紹介したいと思います。

盲導犬を連れた少女の像。 これを見て新橋にも西郷どんがいるのかと言った人がいました。

関連コンテンツ



スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする