リンスとコンディショナーとトリートメントの違いって?髪質に差が出る使い方!

人は見た目が9割と言います。

そして、見た目年齢は7割が髪の毛だそうです。

たしかに、カツラのCMで使用前・使用後を見ると、全然印象が変わりますね。

ですから、髪の毛を整えてくれるヘアケア商品選びは重要なのです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

リンス・コンディショナー・トリートメントの違い

シャンプーの後に髪を柔らかくしてくれるリンスは必須ですよね。

でも、実際使っているのは、コンディショナーやトリートメントだったりしませんか?

ずい分前からリンスを見ていないなと思い、

ドラッグストアでシャンプーの棚を観察してきました。

結果、リンスがある商品は、一つだけでした。

他は全て、コンディショナーやトリートメントでした。

リンス・コンディショナー・トリートメント。

この3つは何がどう違うのでしょうか。

リンス

リンス(rinse)とは、「すすぐ・ゆすぐ」という意味です。

シャンプーで油分が抜けてゴワゴワになった髪を、すすぎやすくするために生まれました。

リンスは髪の表面を保護し、まとまりをよくしてくれるものです。

髪の表面を覆っているキューティクルは、うろこ状をしていて、

それがシャンプーの洗浄力で、毛羽立つように浮き上がります。

シャンプー後髪がキシキシとするのはそのせいです。

リンスは開いたキューティクルをコーティングし、指通りをよくしてくれます。

また、リンスはシャンプーで洗い流された油分を補ってくれます。

リンスの油分でコーティングすることで、髪の内部の水分が蒸発することを防いでくれます。

リンスは表面をコーティングするものなので、内部には浸透しません。

ですからリンスをした後は、すぐに洗い流してしまって大丈夫です。

コンディショナー

いつからでしょう。リンスではなくコンディショナーが出回るようになったのは。

実は「シャンプー後柔らかくするために付ける物」を「リンス」というのは日本だけです。

海外では何ていうのでしょう?

答えは「コンディショナー」です。

海外で「リンス」と言っても通じないので、気を付けてくださいね。

コンディショナー(conditioner)は調節や調整を意味します。

「体のコンディションを整える」などと言いますよね。

コンディショナーとは、髪の状態を整える役割をします。

日本では、リンスの後に登場したコンディショナー。

リンスよりは「すすぎやすさ」を重視していました。

しかしシャンプーが進化したことや、髪の質を求める風潮になってきたことで

徐々にリンスではなくコンディショナーに移行していったようです。

コンディショナーは、リンスよりも髪質を整えることを重視しています。

より健康な髪を保つために、保湿成分をプラスしています。

トリートメント

トリートメント(treatment)は、手当て・治療という意味です。

トリートメントは、髪の毛の内部に染み込み、潤いや油分を補ってくれます。

リンスやコンディショナーは、髪の表面の保護ですが、

トリートメントは一歩進んで、髪の内部の補修をしてくれます。

髪が痛んでいるときは、トリートメントをしたほうがいいのですね。

スポンサーリンク

リンス・コンディショナーやトリートメントの使い方で、髪質に差が出る!

3つに共通するのことは、シャンプーと違って洗浄するものではないということです。

ですから毛先を重点的に付けて、なるべく頭皮には付けないようにしましょう。

頭皮に練りこむと、毛穴の中に入りこんでしまいます。

せっかくシャンプーで毛穴の皮脂を落としたのに意味がないですね。

リンスとコンディショナーは、表面をコーティングするものなので、

付けた後は時間を空けないで流して大丈夫です。

トリートメントは内部に浸透するように、10分ほど経ってから流しましょう。

3つともよくシャワーで流してください。

余分な成分が残ると、髪にダメージがあります。

特に、髪が薄くなってきている人は要注意です。

スポンサーリンク

まとめ

ドラッグストアで、シャンプーの棚を見ていたとき、面白いことに気づきました。

シャンプーとセットになっているのは、コンディショナーとトリートメント(ヘアパック)、

またはトリートメントのみでした。

コンディショナーの隣には必ずトリートメントが置いてありました。

コンディショナーの役割は表面の保護なので、

内部を補修してくれるトリートメントがセットになっているのですね。

3つの違いをまとめました。

・リンス・・・髪の表面を保護し、まとまりをよくする。

・コンディショナー・・・髪の状態を整える。

・トリートメント・・・髪の毛の内部に染み込み、潤いや油分を補う。

とはいえ、コンディショナーもトリートメントの成分を足したものもあるようです。

トリートメントも同じく、コンディショナーの成分が入っているものが多いです。

両者はあまり差が無くなってきたようですね。

シャンプー・コンディショナー後にトリートメントをするのが、一番髪に良いでしょうか。

自分に合うリンス・コンディショナー・トリートメント選びに参考になれば幸いです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする