たけのこは生の刺身が美味しいって本当?掘ってからいつまでに食べる?

レスポンシブ




ぐんぐん伸びろ!天まで伸びろ!

友人が「この間、たけのこの刺身を食べた」と話をしてくれました。

私が「刺身って、茹でたタケノコを刺身のように切って盛り付けて、わさび醤油か何かで食べるの?」と聞くと、「茹でないよ。生だよ」との返答。

生!たけのこを生で!?大丈夫??

そこで今回は『生のたけのこ』に注目して、お刺身の謎に迫ってみようと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

たけのこは生でも食べられるの?

春の味覚、たけのこ。4月から5月に旬を迎え、非常に季節感を感じる、私の好きな食材の一つです。

そんなたけのこ、皆さんはどこで手に入れますか?

我が家ではありがたいことに、いただくことが多いです。

皮付きの生でいただくこともありますが、すでにゆでてあることがほとんどです。二重でありがたい。

一方、スーパーでも購入できますね。真空パックに入った茹でたけのこや、生鮮食品コーナーに生の皮つきが置いてあるのを見かけます。

また冷凍食品コーナーでは、すぐに使える「カットたけのこ」もありますね。

いろんな状態で私たちの台所にやってくるたけのこですが、私はいまだ、生で食べたことはありません。

本当に、生で食べられるのでしょうか??

答えは、「はい」です。

生の状態で食べられるようです。

ただし!やはりスーパーで売っているたけのこは、生食にはなりません。生で食べるには、なかなかレアな状況が必要のようです。

掘ってからいつまでに食べればいい?

生のタケノコを食べるためには、『鮮度』が大切です。

収穫して2、3時間以内のタケノコでないと、生では食べられないようです。

それ以上置くとえぐみ成分が増えてしまい、下茹でが必要になります。

先ほどの友人も、実はたけのこ狩りに行った時に生タケノコを食べたそうです。

掘ってすぐに皮をむいて、スライスして醤油をつけて。まさに、生のたけのこの刺身です。

友人からは「自然の中で食べるのと、めったに食べられないものだから、美味しい気がした。でも、普通に茹でたタケノコの方が好きかも」という身もふたもないコメントをいただきました。

スポンサーリンク

たけのこの刺身の作り方

まさに、『生のたけのこの刺身』を味わった友人ですが、一般的な「たけのこの刺身」は生ではありません。

まず、手に入る代物ではありませんから。

一般的には、ゆでたたけのこを切って、刺身として食べます。

たけのこの茹で方

1.たけのこの皮を2、3枚剥きます。剥いでいない皮に、縦に切り込みを入れておきます。

(皮付きのまま茹でると風味が飛びにくいけど、皮付きは火が通りにくいので切り込みを入れます)

2.たけのこを、大きな鍋に入れます。

そこにたっぷりの水と、たけのこ1つにつき米ぬか一掴みを加えて火にかけます。

3.鍋が沸騰したら弱火にして、落し蓋をします。

そのまま弱火で1時間煮ます。水が無くならないように途中で補充してください。

4.1時間後、竹串を指してスッと通ったら火を止めます。

まだ固かったら、柔らかくなるまで茹でてください。

5.火を止めたら湯が冷めて水になるまでそのまま放置します。

冷めたら皮をはがしてゆでたけのこの出来上がりです。

たけのこの刺身

たけのこを茹でたので、いよいよお刺身です。

たけのこは部位によって食べ方のおすすめが違います。

お刺身にお勧めの部位は、先端です。

穂先の先端から4~5cmの部分が、お刺身にしておいしい部分です。

その部分を4~5mmの厚さにスライスして、お醤油、わさび醤油、辛子みそなど、お好きなたれで召し上がってください!

私は、わさび醤油派です。

↑一度は試していただきたい、築地の「たけのこゆば」!
やわらかいたけのこが、口の中でとける!
お酒のお供にやみつきになる人続出してます。

まとめ

たけのこの刺身、色々調べて書いているうちに、食べたくなってきました。もちろん、茹でたたけのこで。…生は、ハードルが高いです。

茹でるにしろ、生にしろ、たけのこは鮮度が非常に大切です。

挑戦するなら新鮮なうちに茹でたたけのこで、えぐみの少ない、美味しいお刺身を食べてくださいね。

シンシン「やっぱり竹は生に限る!」

生竹(笹)大好き上野動物園のパンダ体験

関連コンテンツ



スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする