赤ちゃんは温泉にいつから?おむつや持ち物チェック!お勧め温泉も

レスポンシブ




家族も増えたことだし、みんなで温泉に行きたいね~♪

出産後、赤ちゃんのお世話のリズムが整ってくると、赤ちゃんを連れて旅行にいきたいと思うパパやママは多いのではないでしょうか?

特に育児で体に疲れがたまっているママは、温泉に入ってゆっくり体を休ませたいですよね。

しかし、赤ちゃんを連れて温泉に行っても入ることはできるのでしょうか?

そこで今回は、赤ちゃん温泉に入ることができる時期や、持ち物、おすすめの温泉をご紹介したいと思います。

赤ちゃんはいつから温泉に入っていい?

赤ちゃんの温泉デビューは、特にいつからとは決まっていません。

生まれてから1か月検診の時に、医師から健康状態に問題がないと診断されていることが最低限の目安です。

赤ちゃんが沐浴している時期や、へその緒が乾いていない時期は避けましょう。

この時期はママの体もまだ回復しきっていません。

ですので、無理をして早い段階から温泉に行くことはおすすめできません。

出産してからあまり早い時期ですと、温泉によっては断られてしまうこともありますので気を付けてくださいね。

以上のことを考えると、温泉に入れるのは、早くても首が座ってくる生後2~3カ月ごろ。

ママやパパが楽に赤ちゃんとは入れる時期としては腰が据わる6~7か月以降が安心です。

腰が据われば、ママも少し支えるだけで安定して座ることができます。

ですが、「オムツのとれていない乳幼児の入湯は禁止」としている温泉も少なくはないので事前に調べておく必要はあるようです。

赤ちゃんと温泉に行くときに気をつけたいこと

赤ちゃんの温泉デビューで気を付けておきたいことは、赤ちゃんの負担にならない温泉を選ぶことです。

赤ちゃんの肌に優しい泉質、高すぎない温度、足元が見える浴場の明るさは確認しておきましょう。

次に赤ちゃんと一緒に入る温泉について、温泉の泉質や温度、明るさの基準についてまとめてみましたので参考にしてみてください。

泉質

温泉と一言で言っても、その温泉ごとに効果や効能は様々です。

含有成分が少なく、肌に優しいものもあれば、特殊な成分で肌への刺激が強く、赤ちゃんの肌には適さないものもあります。

特に酸性泉などは大人の肌にも刺激があり、長時間の入浴には向いていません。

硫黄泉も匂いが強いので赤ちゃんには不向きです。

基本的に含有量の少ない「単純泉」を選ぶのが好ましいです。

温度

温泉の成分に影響がなかったとしても、気を付けたいのが湯温です。

温泉は比較的高い温度のところが多く、大人でも熱さを我慢しながら入るなんてこともありますよね。

温泉によっては大浴場にベビーバスを用意してくれるところもあります。

赤ちゃん用のぬるめのお風呂を用意することができるので、確認してみましょう。

浴場の明るさ

ママが赤ちゃんを抱っこしているとき、浴場が暗いと足元が見えずに誤って転倒してしまう危険性があります。

赤ちゃんが不安になって泣いてしまうこともあるので、明るさや広さも調べておきましょう。

赤ちゃんの持ち物チェック!

赤ちゃんと初めての温泉は楽しさだけではなく、準備をするママは何を用意すればいいのか悩みますよね。

ぜひ旅行前の買い出しの時や、最終チェックの時の参考にしてみてください。

  • 着替え

おもらしや、ご飯をこぼしてしまったり、夏場は汗をたくさんかいたりと思わぬ事態に困らないように多めに用意しましょう。

  • お風呂グッズ

宿によっては赤ちゃん用にベビーシャンプーを貸出ししてくれるところもあるようですが、そうでない場合は自分で用意する必要があります。

・ベビーシャンプー・保湿クリーム・ガーゼ・ベビー綿棒は必ず持って行きたいですね。

  • バスタオル

宿に余分にある場合もありますが、お風呂上りはもちろん車の中や冷房対策としても何かと使える優れものです。

車の中でおむつを替えるときや、ねんねの時につかえるので1枚は持っていると便利です。

  • 紙おむつ

当然ですが、宿泊するのであればその日にち分、たっぷり用意してくださいね。

赤ちゃんプランのある所は、おむつも用意してくれているところもあるのでおすすめですよ。

  • おしりふき・手口ふき

用途以外の色々な場面でもあると助かりますね!

  • 哺乳瓶・授乳セット

ミルクの子であれば、持ち運び用の粉ミルク、哺乳瓶セット一式は必須です。

母乳の子であれば授乳ケープ、車に余裕があれば授乳クッションなども便利ですね。

  • おもちゃ

電車などの公共交通機関で行く場合は音のならないタイプのおもちゃがおすすめです。

お気に入りのものを忘れずに持って行きたいですね。

  • 母子手帳・健康保険証

旅先で赤ちゃんの体調が悪くなってしまった時に必要になるので、必ず持参するようにしましょう。

合わせて最寄りの小児科なども調べておくのもいいと思います。

  • ビニール袋

交換したおむつを入れたり、赤ちゃんがぐずったときにおもちゃ代わりになるので、必ず数枚持参するようにしましょう。

赤ちゃん連れおススメ温泉

赤ちゃんの温泉デビューについて書いてきましたが、今は赤ちゃんプランのある施設も増えてきています。

筆者が選んだおすすめの温泉をご紹介したいと思います。

  • ホテル天坊〖静岡県伊豆の国市〗

赤ちゃん専用の露天風呂付き貸切風呂で温泉デビュー。

公式ホームページ:https://www.tenbo.com/

赤ちゃん専用のお風呂はお湯加減もぬるめに設定されていて、湯船も浅めに設計されています。

  • 箱根湯本温泉 湯さか荘〖神奈川県箱根町〗

肌に優しい泉質で温泉デビューにピッタリ。

公式ホームページ:http://www.yusaka.jp/

檜の香りが漂う貸切露天風呂「早雲の湯」が大人気。

  • 人気の貸切風呂と炭火山里料理の宿 辰巳館〖群馬県みなかみ町〗

純和風造りの総檜の貸切風呂は家族で入ってもゆとりの広さ。

公式ホームページ:http://www.tatsumikan.com/

温泉デビュープランがあります。

貸切風呂にもバスチェアがあり安心してお風呂を満喫することができます。

まとめ

温泉でゆっくりしたい気持ちはやまやまですが、まずは赤ちゃん優先で考えましょう。

上記のような注意点をしっかり捉えて、楽しい温泉デビューにしてくださいね!

ママ、温泉って気持ちいいいね

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告