0ヶ月の赤ちゃんから、お湯で落とせる日焼け止め3選!

レスポンシブ




5月になって日差しが眩しく強くなりました。

大人ですらクラクラするのですから、生まれたばかりの赤ちゃんなんてもっと大変です。

赤ちゃんの肌はとても薄くて敏感です。

紫外線の悪影響は大人よりずっと深刻です。

少しでも紫外線を遮るために日焼け止めを塗ってあげたいけど、0か月の赤ちゃんに塗っても大丈夫なの?

と不安になりますよね。

そこで今回は0か月の赤ちゃんでも使える、日焼け止めおススメ5選をお送りします。

参考にしてくださいね♪

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

赤ちゃんに紫外線対策は必要?

もちろん必要です!

前述の通り、低月齢の赤ちゃんの肌は、大人よりずっと薄くて敏感にできています。

オゾン層の破壊によって、私たちが子供の時よりずっと紫外線が多く降り注いでいます。

紫外線対策をしないで外にいたら大変!

「人の一生涯で浴びる紫外線80%は18までに浴びる」と言われています。

驚きですよね。

私が子供の時は、夏休み明けにいかに真っ黒になっているか競っていたというのに…!

ですから、「紫外線対策は赤ちゃんの時から一生続ける」ことが推奨されています。

なるべくなら紫外線の強い5月から10月までの昼間は、赤ちゃんの外出は避けたいもの。

特に0か月なんて低月齢の赤ちゃんには……。

でもそうも言ってられませんよね。

時にはおひさまカンカン照りの時にも、外出しないといけないこともあります。

うちもそうでした。

二人目なんて特に…。

ではそんな時に使える、0か月の赤ちゃんにも使える優しい日焼け止めの紹介です!

0か月の赤ちゃん用の日焼け止め、どんなものが良い?

赤ちゃんは長時間屋外に出ていると、紫外線が原因で湿疹が出てしまうことがあります。 湿疹が出た時の対処法や、どうしたら予防できる...

でも書きましたが、赤ちゃんに使う日焼け止めを購入する時の目安を挙げておきます。

赤ちゃんの日焼け止め選びのポイント・紫外線吸収剤を含まないもの

・SPF10〜20 PA++まで

・お湯や石けんで落とせるもの

・肌に優しい天然由来の成分のもの

この4点に気を付けて選びましょう!

アロベビー UV&アウトドアミスト

ちゃんと「新生児から」と書いてあります。

1本でUVと虫よけになる優れモノ!

上記のポイントもクリアしています!

・紫外線吸収剤・・・含まない

・SPF10〜20 PA++まで・・・SPF15

・お湯や石けんで落とせるもの・・・YES

・肌に優しい天然由来の成分のもの・・・100%天然成分

特徴1 UVカット+虫よけ(天然成分のみ)

特徴2 100%天然由来・純国産(日本産)オーガニック

特徴3 白浮きせずに使いやすいミストタイプ

特徴4 自然由来のさわやかな柑橘系の香り(レモングラス・ローズマリー)

ミストタイプなので、赤ちゃんが動いても塗りやすいです。

お顔の近くはママの手にとってから塗ってくださいね。

全成分

水、BG、酸化チタン、含水シリカ、ミリスチン酸ポリグリセリルー10、レモングラス油、ローズマリー葉油

とてもシンプルです。

レビュー・口コミ

・手で伸ばしてから子どもに塗ってあげたところ、白浮きもせず匂いも嫌がらずに塗ることができました!

・他の日焼け止めが肌に合わず、すぐに赤くなってしまう子に。
試したところ、赤くなってはいないので大丈夫そう。
虫除け効果は疑問。
塗った一時間後に顔に止まりました。(その後すぐに飛んでいきましたが)

・ショウガのような匂いがする。

・日焼け止めと虫除けが一回で終わるのがすごく良いです!
香りも強すぎず弱すぎずでいいです。

・新生児の頃から皮膚が弱い子どものために購入しました。
市販のものは肌に合わず、湿疹ができてしまいましたが、アロベビーの日焼け止めは肌に合ってるようで異常はみられませんでした。

スポンサーリンク

アロベビー UVクリーム

同じく、アロベビーです。

こちらも「新生児から」と書いてあります。

クリームなので、ミストが使いにくい場合はこちらが便利です。

・紫外線吸収剤・・・含まない

・SPF10〜20 PA++まで・・・SPF15

・お湯や石けんで落とせるもの・・・YES

・肌に優しい天然由来の成分のもの・・・100%天然成分

全成分

水、酸化亜鉛、ラベンダー花水*、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、ジイソステアリン酸プロパンジオール、テトラデカン、プロパンジオール、ステアリン酸ポリグリセリル-10、セテアリルアルコール、ステアリン酸グリセリル、ラウリン酸ポリグリセリル-10、オリーブ油*、カプリル酸グリセリル、グリセリン、シア脂*、シリカ、ホホバエステル、キサンタンガム、グリチルリチン酸2K、トコフェロール、オリーブ葉エキス、ダマスクバラエキス*、ラベンダー油*、BG、ヒアルロン酸Na、キイチゴ果汁*、カニナバラ果実エキス*、タチジャコウソウ花/葉エキス*、ラベンダー花エキス*、キイチゴエキス* (*印はオーガニック栽培原料)

レビュー・口コミ

・顔を拭くだけでも嫌がる子に購入しました。
お湯で落とせるので本当に助かります。

・塗りやすかったです。
もちろんサラッとしたタイプの日焼け止めよりは伸びにくいですが、余程寒いところで保管しない限り、固く伸びなくなることはないかなと思いました。
白浮きについては、量を間違わなければ浮かないと思います。

・息子に他の日焼け止めを使ったら湿疹ができてしまったので、少し高いけど、安心できるアロベビーを使ってみました!
試しに塗ってみたら、肌荒れや湿疹などはできなかったです。
これから愛用します。

・お散歩や買い物前に欠かさず塗っています。ミルクローションと共に使用していますが、赤ちゃんのお肌にも優しくてとっても癒される香りです。

和光堂ミルふわ ベビーUVケアDA 日やけ止めクリーム

こちらもちゃんと「0か月から」と書かれています。

・紫外線吸収剤・・・含まない

・SPF10〜20 PA++まで・・・SPF21

・お湯や石けんで落とせるもの・・・YES

・肌に優しい天然由来の成分のもの・・・?

天然成分かどうかはわかりません。

母乳にも含まれていて、肌への保湿効果がある成分をお手本にオリゴ糖・リン脂質・イノシトール(保湿成分)を配合しています。

お安いのがうれしいですね。

配合成分

水、水添ポリイソブテン、イソノナン酸イソノニル、BG、ナイロン-12、酸化チタン、ジメチコン、ポリソルベート80、 アラキジルアルコール、ラフィノース、水添レシチン、イノシトール、セラミド3、フィトステロールズ、シロキクラゲ多糖体、ヒアルロン酸Na、 ベタイン、グリチルリチン酸2K、トコフェロール、(アクリロイルジメチルタウリンアンモニウム/VP)コポリマー、キサンタンガム、含水シリカ、 ハイドロゲンジメチコン、PEG-9ジメチコン、ベヘニルアルコール、t-ブタノール、アラキルグルコシド、(ベヘン酸/エイコサン二酸)グリセリル、 EDTA-2Na、エチルヘキシルグリセリン、フェノキシエタノール

レビュー・口コミ

・塗り心地…さらっと軽いテクスチャーで塗りやすい。ベタベタ感もあまりなさそう。
数時間後…公園で遊んでる子供の顔が、なんだか白い。白浮きしてしまってる感じ。

・アトピーがあり、すぐにかぶれてしまうのですが、毎日使っても肌の負担にならず、快適です。

・乳液に近いクリームでするする伸びて塗りやすいです。
伸ばしきれないと少し白く残りますが全然許容範囲です。
臭いもなく肌荒れもしませんでした。

さいごに

「赤ちゃんから」と書いてある日焼け止めはたくさんあったのですが、「0か月から」「新生児から」と書いてある日焼け止めはなかなかありませんでした。

本当は5種類くらい紹介したかったのですが、何時間も探したのですが「6か月から」というのは多いのですが、「0か月から」はなかなか見つからなくて。

そんな中、アロベビーはちゃんと「新生児から」と書いてあったので、商品の成分にとても自信があるのだと思いました。

新生児はとてもお肌が繊細です。

肌の層も薄く、紫外線や日焼け止めの悪い成分が浸透しやすいです。

そんな低月齢の赤ちゃんに直接塗るものは気を使いたいと思います。

守ってあげるよ、太陽からも…




↑↑授乳中でなければ、ママには飲む日焼け止めおススメ!!

あわせてこちらもどうぞ

赤ちゃんは長時間屋外に出ていると、紫外線が原因で湿疹が出てしまうことがあります。 湿疹が出た時の対処法や、どうしたら予防できる...
関連コンテンツ



スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする