4月3日は、なぜ「いんげん豆の日」なの?由来といんげん豆の栄養価

レスポンシブ




三度豆、と呼ばれる豆、知っていますか?1年に3度、収穫できることからこの名で呼ばれています。

正解は、いんげん豆です。1年に3度も収穫できるなんて、お得ですね。

そんなお得感のあるいんげん豆、じつは記念日があるようです。「いんげん豆の日」、なかなかマイナーです。

そこで今回は「いんげん豆の日」を中心に、いんげん豆にまつわる情報を集めてみました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

いんげん豆の日・由来

いんげん豆は、17世紀ごろ日本に伝わりました。江戸時代ですね。

もともとはアメリカ大陸で作られていて、それがヨーロッパに渡り、さらに中国、そして日本に伝わったそうです。

個人的には日本原産かと思っていたら、遠い旅をして来日したようです。

中国から日本にいんげん豆を伝えたくれたのは、「いんげん禅師」

当時の中国、明から帰化したお坊さんでした。いんげん豆という名は、この「いんげん禅師」の名から由来しているようです。

「いんげん禅師」はいんげん豆をただ伝えただけでなく、精進料理の材料として使うなどして、いんげん豆料理の普及にも貢献しました。

現在、全国で一般的にいんげん豆を美味しくいただいているのは、「いんげん禅師」のおかげかもしれませんね。

ことろで、「いんげん禅師」と聞くと、なんだか温和なかわいらしいお顔を想像しがちですか(私だけ?)、漢字では「隠元禅師」と書きます。ちょっといかつくなりました。

この「隠元禅師」は、1673年4月3日に日本で亡くなります。

この亡くなった日にちなみ、4月3日が「いんげん豆の日」として制定されました。

ちなみに、いんげん豆も含めた豆類には「豆の日」なるものが存在します。

「豆の日」は10月3日。いんげん豆は1年に2度、記念日を持っているようです。

いんげん豆とは

ところで、「いんげん豆」と聞くと、どんな豆を思い浮かべますか?

私はさやいんげんです。緑の、ストローくらいの太さで、10㎝前後の長さの、あの豆です。料理に使うのも、さやいんげんがほとんどですね。

ところが、もともとは完熟した「豆」を食べるのが一般的で、「さや」の状態ではあまり食べなかったようです。完熟した「豆」って、どんなのだろうと思って調べたら、なんと金時豆、うずら豆、トラ豆などのことのようです。いんげん豆に含まれるとは、知りませんでした…。

スポンサーリンク

いんげん豆の栄養・効能

いんげん豆は1年に3度も収穫できるためか、家庭でも手に入りやすい野菜ですね。

そんないんげん豆の栄養価を調べてみました。

便通・免疫力・むくみ・血圧に効果

いんげん豆の特徴的な栄養素として、まず、食物繊維とカリウムを紹介します。

食物繊維は腸の環境を整えてくれる栄養素です。食物繊維自体が腸を刺激してお通じをよくしてくれます。

また食物繊維は腸の中の「善玉菌」のえさになり、「善玉菌」を元気にします。

「善玉菌」が元気になると、同じく腸内に存在する免疫の働きが活発になり、病気に負けない体づくりができるのです。

いんげん豆はカリウムも豊富です。

カリウムは体の中の余分な塩分や水分を排泄する働きをしてくれ、むくみ解消や血圧コントロールに効果があります。

ビタミンの宝庫

いんげん豆は、βカロチンも豊富です。βカロチンはビタミンAの基となる栄養素で、皮膚や網膜を健康に保つために働いてくれます。

また肉類に多く含まれるビタミンB1やその他のビタミンB群も多く含んでいます。

ビタミンB群は体のエネルギーの代謝を活発にしてくれます。

いんげん豆の「実」や「さや」で、いろんな料理ができます。ぜひ定番にしてくださいね。

まとめ

「いんげん禅師」がわざわざ海を越えて、江戸時代に伝えてくれた「いんげん豆」。

時を越えて現代の日本人にも受け継がれていることを、きっと喜ばれているでしょうね。

今度の4月3日には、「いんげん禅師」に敬意を表していんげん豆料理だらけの夕飯に挑戦しようかな、と思ってしまいました。

…子供たちの賛同を得られれば、ですが。

関連コンテンツ



スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする