熨斗(のし)袋・祝儀袋の処分・捨て方は?使い回しやリメイクはOK?

レスポンシブ




美しすぎて捨てるのは忍びない…

入学祝いや進学祝い、結婚祝いや出産祝いなど人生ではさまざまなお祝いごとがありますよね。

その時にいただくことが多いのがご祝儀です。

特に結婚祝いになると、たくさんの方からご祝儀をいただくことになると思います。

それはとてもありがたいことなのですが、

頂いた祝儀袋やのし袋を、どう処分したらいいのか困ったことはありませんか?

せっかく頂いたものだから大切に保管しておきたいけど

意外と場所を取ってしまうのも悩みの一つですよね。

今回はそんなのし袋や祝儀袋が溜まって困っている方へ

いつまで保管をしたらいいのか?

どう処分をしたらいいのか?

再利用しても非常識だと思われないか?調べてきました!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

のし袋・祝儀袋はいつまでとってる?

のし袋や祝儀袋に、ちゃんとした保管期間はありません。

そのため、個人での判断になります。

ちなみに昔は、のし袋やご祝儀袋は捨てずに、ずっと取っておくものだったそうです。

しかし、現在は頂いてから1〜2年経ったら処分する方が多いようです。

1〜2年間保管しておく理由としては、せっかくお祝いで頂いたので

すぐに捨てるのは気が引けるということでした。

どう処分する?

のし袋も祝儀袋もずっと保管ができたら良いのですが

家の収納できる場所も限りがあるので、処分しないといけない時がきますよね。

その時に、どう処分するのが好ましいのでしょうか?

一般的な処分方法

一般的には、燃えるゴミとして処分するか、古紙として資源ゴミに出すかのどちらかです。

そうは言っても、せっかく頂いたのし袋や祝儀袋を

生ゴミと一緒に出すのは気が引けますよね。

そういう方は、のし袋や祝儀袋を紙で包み、ゴミ袋の1番上に置いて捨てましょう。

神社でお焚き上げ

他に、神社にお焚き上げしてもらう方もいます。

のし袋や祝儀袋はお守りではないので、そこまでする必要はないのですが

頂いた人の思いを大事にするということで、神社へ持って行かれるそうです。

処分の前に!

燃えるゴミや資源ゴミとして処分するにしても

神社でお焚き上げしてもらうにしても、忘れてはいけないのが「個人情報の管理」です。

内袋には、頂いた方の住所・氏名・電話番号などの個人情報が記載されています。

そのまま処分してしまうと、個人情報が漏れてしまうので

内袋はシュレッダーをするか、細かくハサミで切るかしてから処分をしましょう。

また処分する前に、「いつ・誰から・いくら」頂いたのかわかるように

事前にメモを取っておきましょう。

スポンサーリンク

使いまわしたり再利用したら非常識なの?

のし袋や祝儀袋を使いまわすことは、問題ありません。

しかし、頂いた人に同じものを渡したり、汚れているものは避けましょう。

のし袋や祝儀袋を使いまわすときに、おめでたいことが続くと賛成する方がいる一方で

他人が使ったものを使いまわすなんて非常識だと反対する方もいます。

むしろ、使いまわすことに反対する意見の方が多いようです。

その理由としては、祝儀袋は繰り返さないことを願ったものだからです。

結婚祝いでもらった祝儀袋の水引きは「あわじ結び」や「結び切り」が多いのです。

この2つの特徴は、一度結ぶとなかなか取れないということです。

そのためそんな水引きが付いた祝儀袋を、何度も使うというのは

縁起が悪いのではないかと考える方が多いからなのです。

このようなことから、頂いた祝儀袋を、誰かのお祝いの時に使いまわす方は少ないのですが

違った形にリメイクされる方はいらっしゃいます。

たとえば、ポチ袋にリメイクしてみたり

水引きだけ外して、お正月の飾りに使ってみたりする方法もあります。

そのように楽しむこともできるのです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

のし袋や祝儀袋の処分について、お役に立てましたでしょうか?

頂いたのし袋や祝儀袋に対して、明確な保管期間や処分方法はありません。

そのため、あなたが納得のいく形で保管や処分をされるのが1番良いかと思います。

最近では、頂いた後のことも考えてか、タオル生地の祝儀袋もあります。

タオル生地でできているため、広げるとハンカチとして再利用することができるのです。

これなら大事なお出かけの時に使えそうですね。

質の良い今治タオルで作られた優しい出産祝いの祝儀袋です。
ミッフィーが可愛い♪
そのままよだれかけとして使えるので、とっても喜ばれます!

この子のお宮参りにいただいたお祝い袋…もう〇年も経ったんだなあ…

関連コンテンツ



スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする