鼻水が喉に降りてくる、後鼻漏の症状と対処法

私の話で恐縮ですが、一年前くらいから鼻水が喉に溜まっている気がします。

喉がふさがるように感じて、気持ち悪くて痰のように咳で出しています。

日常生活にそれほど支障はないのですがね。

これってなんでしょう?

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

後鼻漏(こうびろう)の症状

後鼻漏でした。

「鼻の後ろ(奥)に漏れる」と書くのですね。

私の感覚でも、正にそんな感じです。

知っていましたか?

元々、鼻の中では毎日1リットルの鼻水が作られていているそうです。

1リットルのペットボトルを想像してください。

結構な量ですね。

なぜそんなに鼻水を生産しているのでしょう

  • 鼻の穴から吸った空気を温めたり湿らせたりするため
  • 吸った空気中の微生物を吸着させて、肺の中に入れないため

よく「口呼吸は病気になる。鼻呼吸をしなさい」と言われますね。

湿った鼻の中がフィルターになって、病原菌を体に入れないようにしているのですね。

この鼻水は役目を終えると、自然に唾液と混ざって飲み込まれます。

毎日1リットルの鼻水が喉に流れて行くなんて、何とも言えない気持ちになりますね。

ですから、タイトルの「鼻水が喉に降りてくる」というのは、当たり前のことだったんですね。

ただ、健康な状態なら自覚せず、自然に流れて行きます。

後鼻漏とは、この喉に垂れる鼻水のことを言います。

鼻水の量が増加し、ネバネバして喉に絡まるため、喉の違和感や閉塞感、咳や痰などの症状が出ることを、後鼻漏症といいます。

原因は、アレルギー性鼻炎や副鼻腔炎(蓄膿症)です。

私は子供のころからアレルギー性鼻炎なので、原因が分かりました。

後鼻漏症の主な症状

  • 喉の違和感・閉塞感
  • 咳や痰
  • 喉の痛み
  • 声が出にくい

悪化するとこのような症状が出ることもあります。

  • 睡眠障害
  • 扁桃腺炎
  • 喘息

結構深刻ですね。

放っておかない方がいいです。

スポンサーリンク

後鼻漏症の対処法

  • マスク(鼻と喉を湿らせるため)
  • 点鼻薬
  • 鼻うがい

鼻うがいの作り方

鼻うがいは、市販でも売られていますが、簡単なので作り方を紹介します。

用意するもの

  • 人肌くらいの温度の水200ml
  • 塩2g
  • 100円ショップで売っているドレッシング用容器

(最初は市販の鼻うがいを買って、使い終わったらその容器で作るのもいいですね)

水に塩を溶かせばできあがり。

鼻うがいのやり方

片方の鼻の穴に入れ、ゆっくりと吸い込みます。

出すときは、もう一方の鼻から、または口から出します。

絶対に飲み込まないでください。

自宅でできる対処法を紹介しました。

併せて、鼻咽喉科を受診してください。

症状に合わせた治療をしてくれます。

粘膜を焼く手術もあります。

スポンサーリンク

まとめ

  • 後鼻漏症は、鼻炎や蓄膿症からおきている。
  • 悪化すると日常生活に支障が出る病気を併発する
  • 保湿ケアが大事
  • 耳鼻咽喉科を受診する

私もマスクして、耳鼻咽喉科を受診します。

この喉の奥の気持ち悪さが、早く治りますように。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする