師走の意味を、子供に分かりやすく説明しよう!

レスポンシブ




あ~忙しい忙しい!

1年の最後の月である12月、別名「師走」といいます。

よく耳にする言葉ですし、この言葉を使っている方も多いと思います。

しかし、使っていても「師走」っていつから?どうして師走というの?と気になった事ありませんか?

子供に分かりやすく説明したいけど…と思ってる方居ませんか?

そこで、今回は師走の意味、諸説、師走にする事についてご紹介させていただきます。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

師走とはいつから、いつまで?

師走は旧暦で12月の異名でその頃は12月の下旬から2月上旬頃までを表す言葉として

使用されていました。

また師走は、新暦でも別名として使われていることから、12月のことを指す言葉として使われています

しかし実際には、12月1日~31日を表すというよりは、
年末年始の準備などに忙しくなる11月の下旬から12月の中旬頃までを師走と捉える方が多いようです。

師走の意味は?諸説はあるみたい

師走(しわす)もしくは(しはす)と読みます。

本来は旧暦12月の事を示しますが、今では新暦12月も同じく「師走」と呼ばれる事が多いです。

一年の最後の月であり大きな行事も多いことから、師走という漢字が持つイメージと忙しなさがぴったりと合うように感じる方も多いようです。

でも実は師走の由来は正確にはわかっていません

さまざまな、諸説がありますので詳しく説明していきます。

師「僧」が走る説

僧とはお寺のお坊さんのことです。

日本には昔から年末になるとお坊さんに自宅まで来てもらい、お経を唱えてもらう風習がありました。

都会の方だとあまり見かけないかもしれませんが、地方などでは現在でも見かけます。

そのため、年末が近付くとあちこちから依頼がくるお坊さんは、東西を行ったり来たりと大忙しになります。

その様子を見て「師が馳せる」から師走になったという説です。

「師」=御師

御師とはお寺や神社などへ参拝しに来る人々の案内や参拝などをする人のことを指す言葉です。
12月は大晦日や初詣などがあり御師が一番忙しい時期なため、
師(御師)が走りまわるという意味で師走というのがこの説になります。
 

「師」=先生

先生とは学校の先生のことを指します。

12月は日頃落ち着いている学校の先生も忙しく走り回る月だというところからきた説です。

現在でも年末は学校の先生にとってはテストの作成・採点、行事や生活指導などとてもいそがしい月です。

昔も今も学校の先生たちは同じようなサイクルで1年を過ごしていたのかもしれませんね。

し・果す説

「し・果す」説とは師走を「し」が「果す」ととらえるという意味で、
つまりは「し」が終わるという説のことを指します。
「し」とは「仕事」や「四季」、「年」を意味しており、
一年の最後の月という意味合いが強いのがこの説の特徴です。

12月は一年が終わる月ということから、四季が終わる・年が終わるという意味

年果つ(としかつ)が変化し、としかつ→としはす→しはす→しわす、となったと言われる

説です。

「当て字」説

国語辞典を開いて師走の意味を調べてみると
「師走というのは当て字である。」というふうにされています。
実は奈良時代の書物には「12月」と書いて「しはす」という読みがながふってあります。

これは一体何を意味するのかというと、奈良時代の人は元々12月のことを「しわす」と読んでいたということです。

つまり師走という言葉は、誰かが字の意味を無視して適当につけた言葉ということになります。

色々と説はありますが。これが実際一番由来に近いのでは?そんな風に言われています。

 

スポンサーリンク

親も子も忙しく走る、師走にやることが沢山

師走にやるべきこと。。。いくつかあげてみました。

・クリスマスの飾り付け、準備(クリスマスツリーや食事、プレゼント等)

・年末年始の帰省、旅行などの手配

・お正月の準備

・年賀状の準備

・大掃除

・冬至

・お歳暮

まだまだありますね、忙しいといっても、やる事はやらないと

気持ち良く新年迎えられません。

だんだん日の入りが早くなってきて、 夢中で遊んでいてふと気が付くと、すぐに真っ暗になってしまいますね。 夕方公園...

↑冬至のことが知りたいならこちら

実は、これとても大切な事です。というのもこの季節になるとうがいや手洗い、

予防接種などをする事が増えてきます。

それは何故ですか?

「風邪をひきたくないから」です。

そんな風邪と外遊びは、とても関係あることをご存知ですか?

風邪を予防するのに外遊び(運動)は最適な方法の1つだからです。

風邪をひくのは誰でも嫌ですよね。

しかし風邪をひくからといって温かい暖房の効いた場所に 居続けると、
体は体温を上げなくていいんだと思い込んで体内温度を上げようとしなくなります。

「体内温度が1°下がれば免疫が30%低下する!

体温を1°上げると免疫は5〜6倍にもなる!」
と言われています。

体内温度を上げる為にも、ある程度は寒さを感じる事が 必要になります。

外遊びは体内の温度を上げる方法の1つです。

子供たちは楽しく走り回っているだけですが、知らない内に丈夫で風邪をひきにくい体に

なっています。

そこへ、親も一緒に外遊び(運動)をする事で体にある筋肉から熱が作られて体内の温度を上げてくれます。

すると風邪をひかない 家族が出来上がります。

今年の冬は家でこたつに入ってゆっくりするのも良いですが

子供と一緒に外に出て身体を動かして寒い冬を乗り越えていきましょう!

子供にはこう教えよう!

年も暮れに近づき始め、来年の準備で忙しくなる時期12月を別の呼び名で

師走(しわす、しはす)と呼びます

また、各月の異称と読み方も教えてあげるといいですね

1月(睦月) 2月(如月) 3月(弥生) 4月(卯月) 5月(皐月) 6月(水無月)

7月(文月) 8月(葉月) 9月(長月) 10月(神無月) 11月(霜月) 12月(師走)

このように呼びます。

さて、師走はどのような意味なのでしょう。

師も走るくらい忙しい月

というのが、一般的に知られています。

昔は、年末になると自宅にお坊さんにお経をあげるために

来てもらっていたことからこの時期は東西を駆け回っていた様子があったといわれています。

師→お坊さん、先生(学校の先生など)

走→忙しい様子、走り回る様子

小学生くらいのお子さんには

「二学期の終わりでテスト、受験、進路相談や来年の事など沢山やらなければ

ならない事があるのと同じく昔も忙しい時期だったんだよ。

12月は、やることが多くてお坊さん、先生だけではなく皆忙しい時期なんだよ

その様子を漢字に表したもの「師走」なんだよ」

もう、少し小さいお子さんには、

難しい漢字の意味、由来など伝わらないかもしれないので

「しわすは、1年で1番最後の月、12月の事なんだよ。

サンタさんも世界中の子供達へプレゼントの準備や配るのに大忙しなんだよ」

とサンタさんに例えてはいかがでしょうか。

クリスマスといえば、ツリーを飾って皆でご馳走、 ケーキを食べて、子供達はサンタさんからのプレゼントを楽しみながら待って……。 ...

サンタさんやクリスマスのお話は、こちら↑

まとめ

師走は、古い言葉ですからその語源は正確にはわかっていないものの、12月は何かと忙しくなる時期ですよね。

走り回る必要のない落ち着いた師走を過ごせるように、今からお歳暮や年賀状の準備を万全に整えておきましょう。

走れ~!

関連コンテンツ



スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする