クリスマスの由来は何?子供の夢を壊さないように教えたい!

本当のことを教えて!

クリスマスといえば、ツリーを飾って皆でご馳走、

ケーキを食べて、子供達はサンタさんからのプレゼントを楽しみながら待って……。

一年の中で最もわくわくするイベントですよね。

しかし、クリスマスとはどういう由来なの?

何故、クリスマスに七面鳥(ケンタッキー)やケーキを食べるの?とか疑問に思った事ないでしょうか?

今回は分かりやすく、子供の夢を壊さないようにご紹介していきたいと思います!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

クリスマスの由来は?イブって?

クリスマスの意味は?

クリスマスといえばイエス・キリストの誕生日と覚えている人も多いかと思いますが

実は誕生日には諸説あり、正確には「キリストの降誕をお祝いする日」なのです。

現在の12月25日だというのも
複数あるキリストの誕生日だと言われている日から
偶然クリスマスになったに過ぎず、あまり深い意味は無いそうです。

この話を聞くと、12月25日の特別感が若干薄れてしまいますよね…。

重要なのはキリストが産まれたのではなく、
この世に降り立った日として祝われているということです。

クリスマスの由来は?

どの国も宗派など異なるはずなのに「雪、サンタクロース、クリスマス」
3つは世界共通の話題だと言われています。

しかしクリスマスが始まった時期は実は曖昧でハッキリとはわかっていません。

日本で最初にクリスマスでお祝いされたのはなんと1552年の山口県で

キリスト教の宣教師たちがキリスト降誕祭のミサをおこなったのがキッカケでした。

その後、間も無くキリスト教の禁教令が出てしまったためクリスマスは日本から遠ざかっていたのですが…。

大正時代になった頃からまた日本でクリスマスが祝われるようになりました!
プレゼントを贈る習慣もこの頃から始まったようですね

クリスマスイブって?

クリスマス・イブのイブの意味ですが、これはeveningの古い言葉であるevenのお尻のnが取れた(eve)言葉です。

クリスマスイブは単にクリスマスの夜という意味なのです。

クリスマスの夜っていうけど、クリスマスは12月25日なのだからクリスマスの夜は25日の夜なんじゃないのと思いますよね?

でも、実は25日の夜はクリスマスではないのです。

少し難しくなりますが、キリスト教で用いられる暦を「教会暦(または典礼暦)」といいますが、

その教会暦にもいくつかの流れがあり、「ユダヤ暦」という古代の暦をベースにしている流れもあります。

そのユダヤ暦では、一日の区切りを日没と考えているんだそうです。

今の一日の終わりが24時という考え方とずいぶん違いますね。

ということは、24日の日没以降の時間は「25日」になります。

だから、普通に言う24日の夜の祭礼やイベントは、25日にやっていることになるのです。

イエス・キリストが生まれたのは現在のイスラエル、ベツレヘムという町だと言われています。

ここは元々ユダヤ暦が使われていた場所ですが、

その関係で、クリスマスの行事は25日の未明に行われている、ということなのでしょう。

ちなみにカトリックの教会暦は通常の午前0時に日付が変わるとされていて、
カトリックでも、「重要な祭礼は前の晩のお祈りから始まる」とされているそうです。

クリスマスも、24日の夜にお祈り(ミサ)をするのが標準になっているようです。

さらに現在では、本来25日に行うミサも、24日の夜に繰り上げられて行われることが多いそうです。

ユダヤ暦とカトリックの教会暦、理由は違いますが、両方とも24日の夜にメインの祭礼をすることは同じなのですね。

私達が、初詣を12月31日の深夜に神社に行き、0時を迎えたらお参りしたりしますが、これに似ているのかもしれません。

このようなことから、実際の教会でも25日の夜ではなく24日の夜に祭礼が行われ、一般社会でも25日のクリスマスより24日のクリスマスイブの方が重要視されるようになったんじゃないかと思います。


クリスマスツリーを飾るのは何故?

一体なぜクリスマスツリーを飾るのか知っていますか?

毎年クリスマスには飾るという家庭も多いでしょう。

我が家も飾っています!

クリスマスツリーの最も古い起源はキリストと関係なかったとされています。

クリスマスツリーの起源は北ヨーロッパに始まります。

ここに住んでいた原住民が冬至のお祭りに使っていたカシの木が後のクリスマスツリーとなっていきました。

ドイツの原住民たちはカシの木のことを真冬の寒い時期でも緑色の強い木であり
永遠に枯れない命の象徴として信仰していたんですね。

当時、この原住民たちがキリスト教を信じるようにしようという動きがありました。

しかし原住民たちは樹木を信仰する風習があったため、受け入れませんでした。

そこで、キリスト教の人達はカシの木を似ているもみの木にすり変えていきました。

モミの木は横から見ると三角形をしています。

この形は頂点が神様であるキリスト、下側の角である2つの頂点は人間と精霊なんだよと原住民に教えました。

モミの木=三角形=神様と自分たちの世界と原住民は教え込まれて、いつの間にか
キリスト教を信じるようになりました。

そしてキリスト教=モミの木という風習が広まり、
キリストの誕生日にはクリスマスツリーを飾ることが世界各地に広がっていきました。

このような事からクリスマスには、クリスマスツリーを飾るようになったのですね。



スポンサーリンク

クリスマスにケーキ食べるのはなぜ?

日本人がクリスマスにケーキを食べ始めるきっかけとなったのは、
不二家創業者の藤井林右衛門さんが大正元年にアメリカに修行に渡った際出会った
「イチゴショートケーキ」を日本人好みの味に改良したことが始まりです。

そして大正11年(1922年)にクリスマスケーキとしてイチゴのショートケーキを含めたクリスマス特別のケーキの販売を開始しました。

昭和30年頃(1955年~)には関東、関西、名古屋合わせて50店舗でクリスマスケーキが販売され、不二家店舗の拡大と同時にクリスマスケーキも普及していきました。

不二家のマーケティングは大成功し現在ではイチゴのショートケーキがクリスマスの定番の一つとなりました。

なぜイチゴのショートケーキかというのは諸説あります。

1、ケーキ業界が仕掛けたイメージ戦略です。

「真っ白な生クリームが雪」、「イチゴをサンタクロース」として表しています。

2、日本人の持つ 「紅白=めでたい」 というイメージです。

これらが現在でも日本の一つの文化としてクリスマスにケーキが食べられる由来です。

 クリスマスに七面鳥を食べる理由

七面鳥は、感謝の気持ちを表しています。

クリスマスといったパーティで七面鳥を食べるのは、宗教的理由と誤解されています。

しかし実はアメリカ建国時代の苦労をしのび、感謝の念をよびおこす、アメリカ発の風習なのです。

17世紀、ヨーロッパからアメリカへ向かった移住民たちが、現地で飢えをしのぐために捕まえ食べたのが、七面鳥でした。

インディアンからも七面鳥が与えられ、彼らは飢え死にせずに済んだのです。

無事に冬を越した移住民たちは、インディアンたちにお礼として、収穫した食べ物を差し渡したといいます。

当然その中には七面鳥も含まれました。

アメリカが今あるのは、七面鳥という貴重な食料のおかげで生きながらえたからです。

アメリカ文化において七面鳥は、「縁起物」として感謝祭やクリスマス、結婚式、お祝いの席には欠かせない食べ物となりました。

七面鳥をごちそうとして食べる習慣が、アメリカからヨーロッパを通じ世界へ広まり、今に至ったのですね。

七面鳥は鶏肉に比べて脂肪分が少ないです。それゆえ、淡白な味わいでさっぱりといただけますよ!

臭みも少なく食べやすい、ヘルシーな高たんぱく食材です。

それゆえ、味でほかの素材とけんかをしないので、いろんな料理に合わせることができるみたいですよ!

日本ではなぜ、クリスマスにケンタッキーフライドチキン?

しかし、日本ではあまりクリスマスに七面鳥を食べるより

ケンタッキーのフライドチキンを食べる方が多いのではないでしょうか。

その理由が3つありました!

1・七面鳥の入手が困難。

1960年代の日本、欧米でクリスマスに七面鳥が食べられている事は知られていました。

日本でも七面鳥を食べていた家庭があったのかもしれません。

でも、日本では七面鳥を購入するのは、とても困難でした。

何故なら七面鳥は日本に生息していないからです。

現在でも七面鳥売っているスーパーは数少ないですよね。通販で販売されているみたいですが在庫は、少ないそうです!

2・大きなオーブンが普及していない!

七面鳥は、基本的に丸焼きしたものをディナーテーブルで切り分けます。

いざ、七面鳥を手に入れたとしても丸ごと押し込めるようなオーブンは普及していませんでした。

3・ケンタッキーフライドチキンの戦略

1970年代の日本、日本でクリスマスを過ごす外国の方にとって七面鳥のないディナーが寂しかったのでしょう。

ある、外国の方がケンタッキーを訪れて「七面鳥の代わりにチキンをディナーにしようと思う」と言ったとか。

これをヒントにKFC(ケンタッキーフライドチキン)は、
「クリスマスにはケンタッキー」とマーケティングを開始しクリスマスには、フライドチキンという習慣が始まったと言われています。

日本に限らず七面鳥以外を食べる国も沢山あります。

今年のクリスマスは、少し奮発して七面鳥を用意するのも良いし、
「ちょっと特別な食材」を選んでオリジナルのクリスマスディナーを楽しむのも素敵ですね!



スポンサーリンク

サンタクロースを子供の夢を壊さずに伝えるには?

クリスマスの前日の夜に良い子のもとへプレゼントを持って訪れるサンタさん。

白いヒゲと赤い服を着た、ふくよかな体系がトレードマークですね。

クリスマスに欠かせないキャラクターのサンタクロース。

「サンタさんは本当にいるの?」

誰もが、一度お父さんやお母さんに聞いた事のある質問です。

「はい、本当にいますよ!」

サンタクロースの生まれなど色々調べました。

ご紹介しますね。

サンタクロースの起源

4世紀、小アジア(現在のトルコ)に実在した聖人、聖ニコラウスがモデルといわれていました。

貧しい人々に財産を与えプレゼントを贈ってくれるおじいさんのモデルとなったといわれています。

この聖人セント・ニコラスの慈善活動を1820年代にアメリカ人の聖書学者が詩として書きサンタクロースが誕生しました。

さらに、40年後、アメリカ人のイラストレーターが白いひげのおじいさん、赤い服と帽子、大きな袋、長靴の絵を描くことで、今のサンタクロースの姿が定着したと言われています。

サンタクロースの家はどこにあるの?

フィンランド北部。

ラップランド地方ロヴァニエミ市から北へ8km、
北極圏上にサンタクロース村という場所があります。

サンタさんが住んでいる家は、サンタクロース村からさらに北300km、
北緯68度に位置する、コルヴァトゥントゥリの山中に住んでいます。

毎日サンタさんは、コルヴァトゥントゥリからサンタクロース村にやってくるので、
そこに行くと、いつでもお仕事中のサンタさんと合うことが出来ますよ。

その周辺にはトナカイが多く生息しているといわれています。


また、フィンランドラップランド地方には、サンタクロースの部屋、郵便局、サンタグッズの店が集まったサンタクロース村があります!

サンタクロースの部屋では、遥か遠くコルヴァトゥントゥリから
毎日やってくるサンタクロースに会うことができます。

サンタクロース郵便局では、毎日世界中の子供から届く手紙に囲まれて、
トントゥ(サンタクロースのお手伝いをする妖精)たちが働いているそうですよ!

フィンランドのサンタクロース村から直接エアメールで届くお手紙です。小さなお子さまはもちろん、大人にも、サンタさんが優しくあたたかく語りかけてくれます。 消印や国際郵便切手にいたるまで、今年も「すべて本物」にこだわってお届けいたします。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

少し歴史的な難しい内容もありましたが伝わりましたでしょうか。

子どもからするとクリスマスはサンタさんからプレゼントをもらえるうれしい日、という認識でしょう。

しかし、いざ子どもに「クリスマスってなに?」と聞かれると困ってしまうというパパやママもたくさんいるのではないでしょうか。

子どもに質問されたら、親としてはできるだけわかりやすく教えてあげたいものですよね。

年齢にもよりますが、次のような要点を踏まえて伝えると、子どもでも理解しやすいかもしれません。

・キリストという神様のお誕生日をお祝いする日
・キリストとサンタさんはお友達だから一緒にお祝いする
・サンタクロースは良い子プレゼントをくれる優しいおじさん
・一緒にお祝いしてくれるお友達にプレゼントを配って世界中をまわっている

このほかクリスマスを理解してもらうために、クリスマスにまつわる本を読んであげたり、歌を歌ってあげたりするのも良いでしょうね。

わたしたち日本人にとっても、クリスマスは身近なイベントですよね。

でも実はルーツなど深く知らずにお祝いをしていた、という方がほとんどだったのではないでしょうか。

こういった雑学を身に着けておくと、子どもからも「パパ、ママすごい!何でも知ってるんだね」といってもらえるかもしれませんね。

クリスマスについての理解を深め、今年はまた違った視点でクリスマスを楽しんでみてはいかがでしょうか。

楽しいクリスマスをお過ごし下さいね!

Merry Christmas♪

クリぼっち女子はこちら↓

「クリぼっち」という言葉を聞いたことはありますか? なんだかお菓子の名前みたいで、かわいらしい響きですよね。その言葉は、「クリ...

赤ちゃんとクリスマスケーキ食べたいけど、いいの?という方はこちら↓

もうすぐクリスマスの季節ですね。 赤ちゃんが生まれて、初めてクリスマスを迎える方もいらっしゃると思います。 そのほかにも...
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする