イルミネーション・自宅でのやり方!電気代や近所迷惑にも注意!

レスポンシブ




クリスマスの時期になると、住宅街でもイルミネーションでキラキラしたお家がありますよね。

玄関先のちょっとしたイルミネーションから大々的にお家全体を装飾してちょっとした観光地になっているお家特集なんかも夕方のニュースなどで見たことがあります。

最近DIYなんかも流行っていますし、一度はやってみたい自宅イルミネーション。

一体どんな風にしたらできるんでしょうか。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

自宅イルミネーションの簡単な飾り方

一番簡単なイルミネーションはぶらさげるだけ!

コード状になっていて、そこにLEDライトがくっついているイルミネーションの装飾品があります。

ストリングライトとかカーテンライトと呼ばれている種類です。

コード状になっているので、イルミネーションしたい場所にただ巻きつけたり、端から端へ吊る下げたりするだけ!

これでお手軽イルミネーションの完成です!

貼るだけ簡単イルミネーション

ほんのちょっとだけ、イルミネーションしてみたいと思っている方にオススメな方法が、テープライトを使ったイルミネーション。

DIYを特集するテレビなんかでも紹介されてご存知の方もいるかと思いますが、LEDライトがテープ状になっていて、両面テープがついているので、イルミネーションしたいと思った場所に貼るだけ!

ハサミで自由な長さに切ることもできるので、省スペースのイルミネーションにもってこいの品です。

入れるだけ!の簡単イルミネーション

上記で紹介したコード状のLEDライトをおしゃれな瓶などに詰め込んでオブジェとして飾っておくだけでも雰囲気がでます。

「玄関先にクリスマスツリーと一緒にちょっとおいておきたい」

そんな時には、この方法も試す価値ありです。

電気代は?

誰でも簡単にイルミネーションができることはわかりましたが、果たして電気代はどのくらいなんでしょうか。気になりますよね。

イルミネーションの電気代計算方法

イルミネーションの電気代は、使うイルミネーションライトの消費電力数で変わってきます。

計算方法としては

商品のkW数×日数×1日の使用時間×電力量料金(kWh)

となります。

例えば、

商品kWhが20W=0.02kWのものを使って、

夜6時〜9時の3時間、1ヶ月つけたとします。

計算式はこう。

0.02kW×30日×3時間×15kWh=27円

電力量料金に関しては、各ご家庭で入っている電力会社によっても異なってきます。

お家全体を覆うような大掛かりなイルミネーションにすればするほど、当然のごとく電気代はかかってきますが、

ちょっと玄関先だけイルミネーションしてみよ!ってな具合でしたら、

びっくりするような電気代請求が来ることはあまりなさそうですね。

お金を一切かけずにイルミネーションしたい!

絶対に電気代を払いたくない!でもイルミネーションはしたい!

という人にオススメなのが、

自家発電できるイルミネーションの商品です。

ソーラーパネルがついたイルミネーションになっているので、

明るいうちに外に出しておいて蓄電して、夜になったらイルミネーションする。

というようにしておけば一切お金をかけずにイルミネーションすることができます!

スポンサーリンク

近所迷惑にならないように

ご近所への配慮を忘れずに!

イルミネーションは、気をつけないとご近所さんとのトラブルに発展してしまう可能性もあるので、

もし大々的にやろうとするのであれば周囲の理解を得た上で飾り付けなどしたほうがいいかもしれないですね。

つける時間帯、消す時間帯にも気をつけて

夜中じゅうずっとイルミネーションライトがピカピカしていては、住宅密集地なんかだとイルミネーションの光が気になって眠れないと言う方も出てくるかもしれません。

常識のある範囲で消灯したほうがよさそうですね。

まとめ

意外と簡単に始められる自宅イルミネーション。

電気代もそんなにかからずにやれることがわかりました。

あとは、ご近所さんに迷惑にならない範囲で、素敵なイルミネーションを飾ってみてくださいね。

あわせてこちらもどうぞ

クリスマスの時期になると、当たり前のように クリスマスツリーやクリスマスリースを飾りますよね。 ...
クリスマスの時期になると、街のどこかしらで「シュトーレン」という言葉を目にする機会があるかと思います。 パンな...
クリスマスが終わると、クリスマスツリーやオーナメントの片づけをして、お正月飾りに素早くチェンジしないといけませんね。 ただでさ...
関連コンテンツ



スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする