ひな祭りはなぜ3月3日なの?桃の節句の由来や歴史を子供向けに簡単に説明しよう

レスポンシブ




なぜでしょうねえ…ホホホ

3月3日といえば、ひな祭りですね。
雛人形を飾ったり女の子の日、女の子のお祝いと言われていますよね。

でも、昔の人は女の子だけじゃなくて、男の子でも、大人の人でも、

「病気になってしまわないように…」
「悪いことが起きないように」と

お人形にお願いをする日だったんですよ。

では、ひな祭りは何故3月3日なのかご存知でしたか?
今回は、ひな祭りの由来や歴史等、子供さんに分かりやすく説明したい方に
子供でも理解できる説明をご紹介いたします。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

ひな祭りはなぜ3月3日?

3月3日は、雛祭りですが、桃の節句とも呼ばれます。
節句とは、季節の節目となる日として、日本では、昔から年中行事が行われていました。
もともとは、中国からきた習慣で、季節の変わり目の節句に、
旬の食べ物を食べて、邪気を払うのが目的です。

正しくは、上巳の節句(じょうしのせっく)と言われる3月の節句ですが、
3月が桃の咲く時期で、桃には邪気を払う力がある事から、
3月3日が、桃の節句と呼ばれるようになりました。

ひな祭りの由来・歴史

もともと、中国には上巳節句に、川で身を清めて、災いや、邪気を払う習慣がありました。
これが、日本に伝わった時に、自分の災いを、人形に変わりになってもらい、
川に流すようになりました。

この頃に、身代わりに流していた人形は、草や、わらや、紙などで作られた、素朴な作りの人形だったようです。
この素朴な人形に、病気や災いを、身代わりになってもらい、健康と幸せを願って、川や海に流してました。

また、この頃の貴族の女の子の間では、紙の人形で着せ替えや、ママゴトをする
『ひいな遊び』が、流行ってました。
人形を流して健康と災いを払う習慣と、女の子の人形であそぶ『ひいな祭り』が、
合わさって、ひな祭りになりました。

ひな祭りの時に、もともとは、人形に災いや願いを込めて、川に流してました。
しかし、ある時代(江戸時代との説あり)から、人形を川に流すと、川や海が汚れという理由で流すのをやめて、飾るようになったと言われています。

娘の災いを引き受けて、幸せにしてくれるひな人形は、次第に、華やかな人形になり、徐々に豪華になっていきました。
当時は、豪華なひな人形を持っている事が、
自慢になり、憧れの象徴にまでなったそうですよ!

そして、桃の節句には、ひな人形を飾って、女の子の成長・良縁・幸福を願い祝う日として、今のかたちになりました。

もともとは、性別や年齢は関係なく、全ての人の災いを払い、健康を願う日だったのが、
長い年月をかけて、女の子の日になったのですね。

ちなみに、今でも奈良県や鳥取県には、流し雛の習慣が残っているところもあるそうですよ。

ひな祭りで桃の花を飾る理由は?

ひな祭りに桃の花を飾るのは、桃の木は魔除け(邪気払い)の力があるとされてきたからです。
また、桃の葉は皮膚疾患に効くとも言われていたため、汗疹や湿疹を治すのに桃の葉を浮かべたお風呂に浸かって癒していました。
古代の中国でも、上巳の節句には、桃の花を飾り、桃の花を浮かべたお酒を飲み、桃の葉を入れたお風呂に入るなどして、無病息災を願っていたのです。

そして、上巳の節句の時期は、桃の花が咲く季節でもあったため、「桃の節句」と呼ばれるようになり、ひな祭りに桃の花が飾られるようになったと言われています。

3月3日は、もともと邪気を払うための行事であったため、桃の花が飾られるようになったのは必然だったのではないでしょうか。

何故、ひな人形を飾るの?

もともと日本では紙などで作った人形に災いを肩代わりしてもらい、それを川に流す
という習わしがありました。

それと、中国から伝わった厄払いの儀式が合わさって、まずは人形を使った行事へと発展していきます。

その後、平安時代の宮中で
「紙人形遊び」が流行。(ひな遊びと言われていたそうです)
人形は川に流すものではなく、手元に置いておくものに変わっていきました。

そしてひな遊びをしていたのが女の子ということで、いつしか女の子の無病息災と、
プラス良縁の意味を込めてひな人形を飾るという習慣に変化していったのです。

ひな飾りやお祝いのごちそうのあの雅な感じは平安時代の貴族から
伝わったものだったんですね!!

雛人形を早く片付けなければいけない理由

ひな人形を早く片付けないと「お嫁に行き遅れる」とよく言われていますね!
その理由は、ひな人形が婚礼の様子を表していることに関係します。
婚礼の儀式を「早く片付ける」ということは、娘が早くいい人を見つけて
お嫁に行くという意味に通じます。

なのでひな人形はすぐに片付けてしまったほうが縁起が良いのですね。

スポンサーリンク

ひな祭りの意味を子供に教えよう

小さなお子様に説明するには

昔、中国では3月3日に手足をキレイに洗うことで、自分たちに起こる悪いことを水に流していたの。
それが昔むかしの日本に伝わってきた時に、手足を洗うのではなく、人形に悪いことを背負ってもらって人形ごと川に流して、悪いことが起こりませんようにとお願いしたのよ。
それから何百年も経った頃には、お人形さんで遊ぶおままごとが子供たちの間で流行るようになってね。それをきっかけに、人形を川に流すのはやめて、「悪いことが起きませんように」「子供がすくすくと大きくなりますように」「幸せになれますように」という願いを込めて、ひな人形を飾るようになったの。

小学生くらいのお子様に説明するには、

「3月3日は、女の子の成長を喜び、幸せを願う日なんだよ。
もともとは、女の子の病気や、悪い事の身代わりになってもらっ人形を、
川に流していたんだ。
ちなみに、流していた人形は、紙や草や土などで作っていて、
そんな時に、女の子の病気や、災いを祓って、
幸せにする不思議な力があるひな人形が、できたんだって。

そして、雛人形を、キレイに飾るとその家の女の子が、
病気もしないで幸せになると、言われ始めたんだ。
それから、3月3日には、雛人形を飾って、
女の子の、健康と幸せをお願いする為にひな祭りをするんだよ!

だから、○○ちゃんが、いつまでも、元気で幸せになって欲しいから、
ひな祭りは、家族でお祝いをしようね!」

もう少し小さなお子様に説明するには、
「昔はひな祭りの日に子供に病気や悪いことが起こらないようにと、
お人形さんに子どもたちの代わりに病気になってもらってたの。

それが今はひな人形を飾って元気に成長して幸せになれるように、
お願いする日になったんだよ。

だから〇〇ちゃんも大きくなれますようにってお祈りしようね!」

お子様に説明するポイント「守ってくれている」
「幸せをお願いしている」
「元気に過ごせるようにお願いしている」
「大きくなれるようにお願いしている」

みたいな感じで優しい表現するのがおすすめです。

ひな祭りの絵本

また、お子様のひな祭りへの関心を深めるには
絵本や紙芝居も、おすすめです!
4作品ご紹介します!

もりのひなまつり

のはらのひなまつり

ひなまつりにおひなさまをかざるわけ

おばあちゃんのひなまつり

この4つおすすめです!
図書館に置いてるので気になる方は是非読んでみて下さいね!

こちら2冊のおひな様の絵本は、近年発行されたものなので、
絵も今どきでとっつきやすいかもしれません。

おひなさまのいえ

ひなまつりルンルンおんなのこの日!

お子様の年齢に合わせて、ゆっくり物語を読むようにお話してあげると
きっとひな祭りの由来や歴史が伝わると思いますよ。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今も続く年中行事も、由来などを知っているのと、知らないのでは感じ方も変わってくるものですね。
また、お子様にも教えてあげることによって、感謝の気持ちなども教えてあげられるといいですね!

今年のひな祭りは、お子様の成長願って楽しいひな祭りを過ごして下さいね!

幸せい~っぱい!!

併せてこちらもどうぞ

3月と言えばひな祭り。 雛人形を飾ってお祝いする女の子の節句です。 ひな祭りには、桃の花を飾って、雛あられやひし餅・桜餅を食べま...
昔から「雛人形の片付けが遅いと結婚が遅くなる」といわれています。 そのため、雛人形を片付ける日を気にしている人は多いようですが「雛...
女の子の健やかな成長を祈る「ひな祭り」。 年に1度しかないイベントだからこそ、盛大にお祝いしてあげたいですよね。 ...
女の子の節句、ひな祭り。かわいいひな人形を飾りたいけれど飾るスペースがない、マンションだと収納や置き場にも悩んでしまいますよね。 ...
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする