一人暮らしの女性が必要な物の費用とリスト!素敵な女子ライフ♪

レスポンシブ




ん~いい天気の休日、今日は何して過ごそうかな~♪

一人暮らしには、自分だけの空間をいろいろとアレンジ出来る楽しさがあります!

部屋のテーマカラーを決めたり、日曜大工に挑戦してみたり、こだわればこだわるほど部屋への愛情が高まっていきますね。

では、女性が一人暮らしをする場合にはどのくらいの費用がかかるのでしょうか?

どのような品物を揃える必要があるのか、選び方のコツも合わせながら見ていきましょう。

大満足な部屋が出来れば、素敵な女子ライフが始まります!!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

最低限必要な物・費用

  • 100円ショップで購入できる物・・・各100円。

お皿・コップ・箸・スプーン・フォーク・ハンガー・洗濯バサミ・ゴミ箱・雑巾・掃除用具・ビニール袋

細かい物は100円ショップを利用するとお得です!

最近の100円ショップは小物もオシャレ度がかなり上がっていて、テレビでもたくさん紹介されるようになりました。
洗濯グッツや掃除グッツをかわいく揃えて、ウキウキしながら家事を出来たら良いですね。

  • ドラッグスストアで購入できる物・・・各200~500円。

洗濯用洗剤・食器用洗剤・トイレ用洗剤・トイレットペーパー・お風呂用洗剤・スキンケア用品・ヘアケア用品・ボディソープ(もしくは石鹸)・ティッシュ・ラップ

ドラッグストアで購入する商品もたくさんありますね。

「洗濯用洗剤」と書きましたが、ワイシャツやブラウスを着る機会が多い人であればエリ汚れや袖汚れを落とす洗剤もあった方が良いでしょう。

あとは、ニットなどを自宅で洗濯する場合には柔軟剤が役立ちます。

  • 家電量販店にある物…全部で50,000円~。

ドライヤー・電子レンジ・冷蔵庫・炊飯器・テレビ・テレビ台・洗濯機・掃除機・ガスコンロ・エアコン

最近では「一人暮らし用の家電セット」などの名称で、これらのうち3点セットだったり、5点セットだったり、まとめて安く販売されている物があります。

じっくり選ぶ時間が無い人であれば、そういうセットが便利ですね!

「新品でなくてもいい!」もしくは、「出来る限りコストを抑えたい!」と考える人であれば、リサイクルショップにも意外と綺麗な家電製品が販売されているので要チェックです。
中古でも一人暮らし用の中古家電セットが購入できます。

大きな家電量販店よりも、リサイクルショップの方が配送までに日数をかけずに対応してもらえることが多いです。

一人暮らしをする期間が決まっているのなら、レンタルするという手もあります。

冷蔵庫・洗濯機・電子レンジ・テレビ(32型)が、1日当たり123円からレンタルできます。

全て日本製。

そのほか、もともと家具も家電も付いた状態で貸し出されている部屋もあるので、あらかじめ確認しておきましょう。
あとは、テレビや洗濯機など大きい商品は置く場所のサイズを確認してからお店へ行くことがポイントです。

家電はコストがかかる物が多いので、失敗は禁物ですね!

  • ホームセンターにある物・・・全部で30,000円~。

カーテン・布団・枕・ベッド・収納グッツ・タオル

このなかでも以外と購入がむずかしいのがカーテンです。窓の大きさは、どの部屋もたいてい同じくらいかと思いきやそうでもないのです。
あとは、カーテンの生地は厚さによって部屋の雰囲気が大きく変わります。

なるべく部屋を明るくしておきたい人は薄い生地を選びましょう。
逆に、朝日が差す時間帯でも暗い中で眠っていたい人であれば厚い生地のカーテンにしておいた方が良いです。

あると便利な物・費用

  • 突っ張り棒の収納ラック・・・1,000円~2,000円。

部屋を借りる場合には、なるべく壁を傷つけずにおく必要がありますね。
そこでオススメしたいのが突っ張り棒を利用した収納ラックです!

突っ張り棒で固定できれば、クギや画鋲で壁に穴を開ける必要がありません。例えば、トイレにそのラックを付けてトイレットペーパーを置くと便利です。

充電式の小型掃除機があるととても便利です!

段差のある玄関や、狭いトイレは、大きな掃除機だとうまく扱えないことがありますよね。ハンディクリーナーであれば小型ですし、充電式であればコードが無いので、そのような場所でもスッキリ掃除ができます!

スポンサーリンク

生活に潤いをもたらしてくれる物・費用

  • お香・フレグランス 100~1,000円。

お花や香水のなかで、お気に入りの香りはありますか?

自分だけの空間を持つことが出来るなら、空気までも自分の好みにしてみましょう!

香りは人によって好みが大きく異なります。

実家でお香と焚いた時にほかの家族から、「変な臭いがする!」とか「この香り苦手~」と言われてしまった経験がある人もいるはずです。
一人暮らしなら、自由に香りを決めることが出来ますね。

ラベンダーの香りなどは、リラックス効果もあるのでオススメです!!

お香・フレグランス用品はオシャレな雑貨屋さんや100円ショップでも販売されています。

  • 花瓶 500~2,000円。

部屋にお花があると雰囲気がガラリを変わりますね。

風水でも運気を上げてくれるアイテムとしてよく登場しています。

そこで必要となるのが花瓶です。花瓶を購入する時は、内側を洗いやすいものを選ぶと良いでしょう。せっかくお花を飾っているのに、汚れが見えると台無しになってしまいます。

それなりのサイズ感がある花瓶ももちろん素敵ですが、お花をひとつだけ入れるタイプの“一輪ざし”もオシャレで素敵です。

グッタリ疲れて帰宅した日でも、綺麗なお花が一輪あるだけで癒しになるはずです!

まとめ

自分らしくアレンジする一人暮らしの部屋、イメージは固まりましたか?

自分だけの部屋は一度だけのアレンジではなく、気分に合わせて変えていくことに楽しさを感じられそうですね。

季節ごとにテーマカラーを決めても良いでしょう。

自分だけの空間を、ぜひ思いっきり堪能して下さい!!

あ~、一人暮らし最高!(結局こうなる)

併せてこちらもどうぞ

冬の終わりから春にかけては、あちこちで引っ越し業者の大きな車を見かけますね! 卒業して入学する人や就職する人、転勤をきかっけに...
関連コンテンツ



スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする