庭でバーベキューは法律違反?通報される?近所迷惑にならない対策

レスポンシブ




夏場のバーベキューといえば、川や海の近くなど自然があふれる場所でするのが醍醐味ですよね。しかし、秋になって過ごしやすい季節になると、手軽に庭でバーベキューを楽しむのも良いですよね。

特に秋は秋刀魚やきのこのような焼くと美味しくなる旬の食べ物も多いため、バーベキューをするのにはピッタリですよね。

そこでいざ自宅の庭でバーベキューをしようと思った時に、1番気になるのがご近所とのトラブルではないでしょうか?

自宅で野菜やお肉を調理する場合は、換気扇が匂いを吸ってくれますが、庭で調理をする場合はそうはいきませんよね。

この匂いが風に乗って隣の人のところに届いてトラブルになったら、今後も住みにくくなってしまいます。

今回はそんな不安を解決するために、庭でバーベキューをすることにつて徹底的に調べてみました!

これを読んで、楽しく庭でバーベキューをしましょう。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

庭でバーベキューするのは法律違反なの?

結論、法律違反にはなりません。

もちろん、庭でバーベキューをすることに必要な手続きや許可もありません。

しかし、毎日バーベキューをして、煙や匂いを大量に出したり、大声で騒いだりして悪質な行為だと判断された場合は、違法と判断されることもあります。

そうは言っても、あなたが考えている庭でのバーベキューは、日にちや時間を限定して、数人で楽しくするものだと思います。

そのような場合は、違法にはならないので安心してください。

住宅地でバーベキューが迷惑なのはなぜ?

楽しいはずのバーベキューがトラブルになってしまうのにはこんな理由があります。

・食べ物を焼いた煙が洗濯物に付いてしまう。

・バーベキューの匂いが充満してしまう。

・楽しくて騒ぎすぎてしまい、騒音になってしまう。

・火事かと疑われてしまう。

せっかく洗濯してきれいになった洗濯物に、バーベキューの匂いが付いてしまうのは、誰でも残念ですよね。

それがお気に入りの洋服だった場合、怒ってしまう気持ちも分かります。

匂いだけでなく、煙にも注意が必要です。

煙の発生が近いと、煙が目にしみたり、目が痛くなったりすることがあります。

これは木や炭が燃えることによって化学物質が発生し、それが目の粘膜に付着することが原因となって起こる現象です。

また、目が痛くなるだけでなく、もし喘息を持っている方であれば、バーベキューで発生した煙が発作の引き金になることも十分考えられます。

騒音についても環境局では「生活騒音」というものが定義されています。

生活騒音とは、日常生活の中で出る音のことです。

具体的には、洗濯機やテレビの音やトイレの給排水音、自動車の音があります。

その中に「話し声」というものがあります。

そのため、あまりに大きな声で騒いでいると生活騒音にもなりかねないのです。

これらの理由から、庭でバーベキューをすることがご近所トラブルにつながってしまうのです。

スポンサーリンク

通報・苦情がこないように工夫しよう!

庭でバーベキューを気持ちよく楽しくするための方法として、事前に告知をすることをおすすめします。

「◯日の◯時〜◯時まで、わたしの自宅の庭でバーベキューをさせていただきます。

最大限、煙や匂いには注意をしますので、よろしくお願いします。」

と隣やご近所に挨拶をしておくと良いでしょう。

このように挨拶をしても、「はぁーバーベキューをするのか…嫌だな。」と思う方もいるでしょう。

しかし、そのような方は事前に窓を締めたり、洗濯物を干す場所を変えたりと対策ができるため、トラブルにまでなる可能性は低くなります。

また、もちろんですが、あなたも極力煙や匂い、騒音を出さない工夫も必要です。

煙があまり出ない調理器具を使ったり、お肉を焼く時には鉄板の上ではタレをかけないようにしたりする配慮も必要です。

バーベキューが楽しく終わった後には、お隣やご近所にお礼を言いにいくと、これからもバーベキューをしやすくなります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、庭でバーベキューをすることが違法なのかについてご紹介しました。

簡単にまとめると

「節度を守って庭でバーベキューをするのは全く問題ないですが、限度を越すと違法にもなり得る」ということです。

今回ご紹介したことを念頭に置いて、食欲の秋を存分楽しめるようなバーベキューができるといいですね。

関連コンテンツ



スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする