魚卵でアレルギー症状!?卵アレルギーの人って魚卵は大丈夫?

レスポンシブ




海の幸といえば、魚や貝、海藻など様々あってどれもとても美味しいのですが、中でもイクラやタラコといった魚卵類は別格だと思います。

お寿司でメインになったり、他の料理の彩に加えたりと、食べ方も豊富で高級感もあります。

先日、こんなシーンがありました。軽度の卵アレルギーを持った友人と食事をしていた時、 その友人が平然とイクラの軍艦巻きを食べたのです!

私はビックリして、「卵アレルギーじゃなかった!?大丈夫なの?」と聞きました。

すると「うん、魚の卵は大丈夫みたい」とさらりと言われました。

その場では納得しましたが、後で納得できなくなり卵と魚卵のアレルギーについて調べてみました。やはり色々違いがあったようです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

魚卵アレルギーと卵アレルギーは違う?

魚卵と卵(鶏卵)は同じ卵ですが、実は構造が違います。

卵には、卵白と卵黄に別れていますが、魚卵は卵黄しかありません。

そして、卵アレルギーの主な原因は、卵白に含まれるタンパク成分なので、魚卵アレルギーとは関係がないと言えます。

つまり、卵アレルギーだからといって、魚卵を控える必要はないのです。

ただ、両方のアレルギーをもっている可能性もあるので絶対にないとは言い切れません。注意しましょう。

アレルギーになる魚卵はどれ?

魚卵の中で、アレルギーになりやすいものとなりにくいものがあるわけではありません。

どの魚卵を食べても、アレルギーを起こす場合はあります。

日本では、イクラやたらこ、明太子などがよく食べられている魚卵です。

他には、カズノコやキャビア子持ちの魚(ししやも等)も魚卵にあたります。

中でも、生で食べる食材は、アレルギーを起こす可能性が高くなるので注意しましょう。

さらに、小さい子どもは、消化する力が弱いのでアレルギーを起こしやすいと言われています。魚卵はなるべく食べさせないようにしましょう。

スポンサーリンク

魚卵アレルギーの症状と対処法

魚卵アレルギーの症状は、他のアレルギーや食中毒の症状とよく似ています。

例えば、じんましんや唇の腫れ、吐き気、嘔吐、下痢などがその症状です。

ただし重症になると、呼吸困難を起こしたり、命の危険があったりする場合もあります。

なるべく自分では判断せず、病院へ行って医師の診察を受けましょう。

また、魚卵アレルギーがあるとわかっていて、うっかり魚卵を食べてしまった場合はすぐに吐き出してください。

そして、それ以降は絶対に食べないようにし、水などを大量に飲み少しでも成分を薄めるようにしましょう。

小さい子どもは、魚卵アレルギーになりやすいと言いましたが、さらに怖いのはアレルギーの完治のしにくさです。

小さい時に魚卵アレルギーになってしまうと、大人になっても治っていない場合が多くあります。

日本では魚卵を口にする機会も多くあるので、注意しきれない場面も出てくるかもしれません。

小さい頃に魚卵を与えないことは、その子のその後の人生にも大切なことなのです。

まとめ

魚卵アレルギーと卵アレルギーが違うというのは本当でした。

ですが、魚卵アレルギー同士は成分が似ているので注意しなければなりません。

イクラでアレルギーを起こしたことがある人は、子持ちししゃもでもアレルギーを起こす可能性があるということです。

また小さい子どもの場合、アレルギーは起こしやすいですが、治すのは難しいという最悪の状態です。

魚卵には、体に欠かせない程の栄養素含まれていません。ですから、無理に食べさせる必要は全くないのです。

魚卵を食べさせるときは、子供の成長を待ってからにしましょう。

一般的には3歳を過ぎてからが望ましいとされています。

魚卵は美味しい食材ですが、生で食べる機会も多いのでアレルギーを起こしやすい食材でもあります。

一度起こしてしますと完治が難しいので、頻繁に大量に食べるのは控えた方がいいかもしれませんね。

とはいえ、美味しいので困る…

関連コンテンツ



スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする