筆記体を習わないのはなぜ?いつから?アメリカ人も使わなくなった?

レスポンシブ




昭和生まれの方だったら、中学校の英語の時間に「筆記体」の書き方を習いましたよね。

ところが、若い子にしてみれば、

「筆記体?ブロック体?何、それ??」

そう、今は学校で筆記体を教えていないのです。

時代が変わったとはいえ、ちょっとびっくりしますよね。

では、どうして筆記体を教えなくなったのでしょう?

そもそも、筆記体は必要ないのでしょうか?

その辺のところについて、お話したいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

筆記体はいつから学校で教えなくなったの?

以前は、中学校の英語科で筆記体を習うことは必修でした。

それが変わったのは、2002年(平成14)4月。

このときから、完全実施された中学校学習指導要領から、必修は「アルファベットの活字体の大文字及び小文字」となりました。

では、筆記体の扱いはどうなったかというと、「文字指導に当たっては、生徒の学習負担に配慮し筆記体を指導することもできる」。

つまり、基本的に指導するのはブロック体(活字体)だけでよく、状況に応じて筆記体は教えてもいいというものになったのです。

では、どうしてこの時に筆記体の必修が削除されたのでしょう?

学習指導要領とは、文部科学省が告示する教育課程の基準で、概ね10年に1度のペースで改訂されます。

この時の学習指導要領改訂で重視された理念は「生きる力」をはぐくむこと。

これからは、知識の詰め込みばかりではダメ。

基礎基本の学力や、豊かな人間性、健康・体力といったことを育てていこうという考えでした。

その理念をもとに導入されたのが、いわゆる「ゆとり教育」。

そして結果として、授業数と学習内容が削減されました。

筆記体は必要ない?

勉強してきた世代としては、何だかさびしいことですが、そもそも筆記体は必要ないのでしょうか?

そう思って考えてみましたが、筆記体を知らないからといって困る場面が思いつきません。

パソコンが普及して、手書きの文書を目にする機会は激減しました。

筆記体を読むことなんて、ほぼないですよね。

英文を書く場合でも、筆記体のほうが多少は素早くかけるかもしれませんが、ブロック体が書ければ、用は足ります。

筆記体が書けると、なんとなく格好良くて嬉しい気分になったものですが、考えてみると、たしかに習得しなくても困るものではないですよね。

スポンサーリンク

英語を母国語としている人たちは?

実際のところ、私の知っているネイティブの人たちが普段から使っているのは、ブロック体です。

学生のころ、アメリカ人と文通をしたり、ホームステイをしてホストファミリーと手紙のやり取りをしたりもしましたが、その時代からすでに、みんなブロック体。

殴り書きのように、かなり読みにくい字でも、それは筆記体ではなくブロック体でした。

ネイティブでもかなりご年配の方くらいしか、筆記体は使わないのが普通のようです。

手書きが多かった時代には、美しい筆記体を書くことが教養として求められていました。

しかし、日本と同様に手書きをする機会が減った現代、あえて筆記体を使う必要もないのでしょう。

一方で、筆記体の教育を行っていくべきだという意見もあります。

古い文献が読める人が減ってしまうことに対する危惧や、手書きの大切さを主張する人が根強くいるのも事実です。

こういった意見がある限り、筆記体が消滅することはないでしょう。

いずれ、何かをきっかけに復活するときが来るかもしれませんね!?

最後に

今は、筆記体を学校では教わりません。

それで、不自由することは、まずないでしょう。

でも、ちょっと練習すれば、子どもは驚くほど早く習得するものです。

もしお子さんが興味を持つようでしたら、教えてあげてはどうでしょうか?

学校で習わない今だからこそ、それは立派な特技になります。

ネイティブが書けない筆記体を日本人がきれいに書けたら、びっくりされて、鼻高々ですよ。

関連コンテンツ



スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする