フクロウの足が長いって本当?上野の「フクロウの巣カフェ」に行ってきました!

え?マジ?

フクロウさんって、ずんぐりむっくりして目が大きくて、カッコ良くて可愛いですよね!

でもそんなフクロウさんの足が長いって知ってました?

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

フクロウさんの足は長い?

フクロウさんは「森の哲学者」「森の物知り博士」などと言われています。

絵に描かれる時に学者帽をかぶっていますよね。

知的に見えるのは、頭と目が大きいからでしょうか。

でも、いざ獲物を捕まえるときには、獰猛な野獣のようになります。

首がぐるりと後ろを向くのもちょっと怖いです。

そんなフクロウさんが大好きです。

さんづけしてしまいます。

以前、ペンギンの足は長い、という記事を書きました。

よろしければご覧ください。

氷の上をヨチヨチ歩くペンギンって可愛いですよね。 足が短くて、歩き始めた赤ちゃんみたいです。 でも、知ってました...

その記事でも触れたのですが、鳥類の足は意外と長いのです。

鳥脚の折れ曲がった箇所は「ひざ」ではなく、人間で例えると「かかと」です。

鶴やフラミンゴのような脚の長い鳥も、見えている部分は一部分なのです。

鳥類は飛ぶために長い脚が邪魔になり、すね辺りから体の中に入れてしまいました。

体内でひざは屈しています。

ずっとスクワットをしている状態ですね。

いつもスクワットで鍛えているから、あんなに足が細いのでしょうかね。

いえ、それは違いますね、きっと。

あのボテッとした体型が素敵なフクロウさんも、やっぱり足が長いのでしょうか?

スポンサーリンク

フクロウの巣カフェに行きました!

そんななぞを解明すべく、フクロウカフェに行ってまいりました。

こちらの、フクロウの巣カフェです。

インターネットから予約ができます。

予約まで時間が余ってしまったら、すぐ近くのアメ横やABABなどを覗いているとすぐです。

東京の上野駅と御徒町駅の間、どちらからも徒歩2~3分の場所にありました。

眼鏡屋さんがあるビルの3Fでした。

エレベーターで3Fに行くと、受付で小さなフクロウさんがお出迎えしてくれました。

お目めがまん丸でとても可愛らしいです。

入る前に、2分ほどの注意事項を説明したビデオを見ました。

禁煙・触る前に消毒スプレーで手を消毒・フラッシュ撮影禁止・足を触らないなど

当然のことばかりです。

フクロウさんの食べ物

追加料金でえさやりができるというので、お願いしました。

「ひよこの肉です」と金属のカップに入った、細かく刻んだ赤身の肉を渡されました。

共食い?

いいえ違います。

鳥類が他の鳥類を食べるだけです。

私たち哺乳類も他の哺乳類(牛や豚)を食べてますし。

フクロウさんは猛禽類であり、肉食です。

食性は、主にネズミや小型の鳥類です。

モモンガ・リス・モグラなどの小型の哺乳類や、両生類・爬虫類・昆虫など色々な動物を食べます。

野ネズミなど小型の哺乳類は、丸呑みします。

ワイルドですね。

手乗りフクロウさん

カフェに入ると、壁側に一匹ずつフクロウさんが並んでいました。

まずは、最初にお出迎えしてくれた小さなフクロウさんにご挨拶です。

目がまん丸で大きいですね。

触りかたは、手の甲を目の前にかざして「これから撫でるよ」という合図をします。

それから、そのまま手の甲を頭に持って行って頭からゆっくり優しく撫でます。

フクロウさんは気持ちよさそうに撫でられてくれました。

スタッフの方が、手に乗せてくれました。

子供は肩に乗せてくれます。

大人は、鷹匠のようなグローブをはめて、手に乗せてくれました。

フクロウさんは大人しく乗ってくれました。

フクロウさんの足は長いのか?

さて、本題のフクロウさんの足は長いのか、検証を始めます。

当たり前ですが足を触るのはNGなので、下から覗いたりしていたのですが、よく分かりません。

「フクロウ」の名前は、一説には「毛がふくれた鳥」から付けられたそうです。

フクロウさんの羽毛はとても深くて、その中に長い足が隠されているらしいのですが……。

あっ足が長い!

この大きなフクロウさんの羽毛は短いので、足が露になっています。

本当に足が長いのですね~。

スリムで精悍な顔つきのフクロウさんです。

スポンサーリンク

フクロウさんご紹介

フクロウの巣カフェにいた、フクロウさんたちです。

とても小さな「コキンメフクロウ」の「マカロン」ちゃん。

CMに出演したのですね。

もっと小さな「ヨーロッパコノハズク」の「タイニー」ちゃんです。

17cmくらいでしょうか。

こんな小さなフクロウさんもいるのですね。

「アフリカオオコノハズク」の「ハンノ」ちゃん。

フクロウさんはアフリカにも分布しているのですね。

こちらも「アフリカオオコノハズク」の「ギャバ」ちゃん。

掲示してある写真と実物がだいぶ違いますね。

ヒナの時の写真かな?

この「アフリカオオコノハズク」、とても面白いフクロウさんだそうです。

第一形態から第三形態まで、大変身するのですよ!

第一形態は、普通の凛々しいフクロウさん。

第二形態は、敵が来ると、毛をピッタリと体に張り付けて細い弱弱しいフクロウさん。

第三形態は、もっと敵が迫ってくると、羽を全部逆に立たせて3倍の大きさになるフクロウさん。

詳しくは、こちらでご覧ください。(別サイトに飛びます)

「アメリカワシミミズク」の「ジャック」さん。

先程の足長フクロウさんです。

大型でとてもカッコイイです。

「メガネフクロウ」の「ミューシュー」さん。

大きくてずんぐりしていて、フクロウらしくてとてもいいですね。

「メンフクロウ」の「ロス」ちゃん。

メンフクロウさんも足が長いのが分かりますね。

メンフクロウさんは本当にお面をかぶっているような、ミステリアスな雰囲気を持っていますよね。

同じく「メンフクロウ」の「シュガー」ちゃんです。

触らせてもらったのですが、とてもふわふわで滑らかでした。

最後に、「アカアシモリフクロウ」の「マーブル」ちゃん。

最初に出会ったフクロウさんです。

まとめ

やはりフクロウさんは、思っているよりも足が長いようです。

毛がもこもこのフクロウさんも、羽毛の中に長い足を隠しているはずです。

「フクロウの巣カフェ」では、フクロウさんの足に紐はつけていますが、

普段はつながっていないようです。

一度、メンフクロウさんが上に飛んでいきました。

フクロウグッズもたくさん売っていましたよ。

うちは、メンフクロウさんの羽を購入しました。

とてもふわふわで滑らかです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする