カンガルーの名前の由来!「私は知らない」「わからない」はウソ?

レスポンシブ




かんがえるかんがるー

南半球で観光客に人気の国の1つ、オーストラリア。

独自の豊かな自然や多くの動物が生息する国ですね。

中でも、袋を持ち、2本足で飛び回るカンガルーはとても人気がある動物です。

このカンガルーという名前には面白い由来があるのですが、知っていますか?

今回はカンガルーの名前の由来について掘り下げ、さらにオーストラリアのカンガルー道路事情についてお伝えします。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

「カンガルー」=「私は知らない」「わからない」?

カンガルーの名前の由来をお話しする時に欠かせない人物がいます。それが「キャプテン・クック」です。詳しくなくても、名前を聞いたことがある人は多いのではないでしょうか?

キャプテン・クックはイギリスの冒険家で、オーストラリア大陸を発見した人です。そのため近年までオーストラリアはイギリスの植民地でした。

キャプテン・クックがオーストラリアに到着すると、原住民のアボリジニーに会います。

オーストラリアのことについていろいろ教えてもらう中で、ある時、キャプテン・クックは2本足で飛び跳ねる、袋を持った珍しい動物を発見するのです。

キャプテン・クック「あれはなんという動物ですか?」

アボリジニー「カンガルー、デス」

実は、「カンガルー」とは現地の言葉で「わかりません」を意味します。しかしアボリジニーの言葉をきちんと理解できなかったためか、カンガルーを『固有名詞』と勘違いしたのです。

この会話から、『2本足で飛び跳ねる、袋を持った珍しい動物』をカンガルーと呼ぶようになったそうです。

…というのが、最近までの俗説でした。

俗説だったのです!

なんと近年、事実は違う結論に達したのです!!

「カンガルー」=「跳ぶもの」

『カンガルーの真実』、じつは、キャプテン・クックがオーストラリアに上陸してアボリジニーたちと会い、『2本足で飛び跳ねる、袋を持った珍しい動物』を見るところまでは、俗説と同じ経過をたどります。

違うのは、それ以後。

キャプテン・クック「あれはなんという動物ですか?」

アボリジニー「Gangurru(ガングルー)、デス」

Gangurruとは、『飛び跳ねるもの』を意味します。それをキャプテン・クックたちが『固有名詞』と勘違いしてしまったのです。

やがてGangurruは、Kangaroo(カンガルー)に変化し、今私たちの知る名前になりました。

「しりません」説とたいして変わらない「カンガルーの名前」由来のストーリーでした。

スポンサーリンク

カンガルーの標識

もう10年少し前ですが、オーストラリアでレンタカーを借りてシドニーからメルボルンを往復したことがありました。当てのない旅行です。

そこでよく見かけた看板が、非常に印象に残っています。

その看板は黄色いひし形(正方形)で、黒い縁取りがしてあり、中央にカンガルーのシルエットが黒く描かれています。はじめはなんだろう??と思っていたら、ガイドブックに標識の意味が載っていました。

「カンガルーが飛び出してくるかもしれないから注意してください」

なんと、野生カンガルー出没に注意を促す看板だったとは!

ほかにもエミューやコアラの看板も観ました。

物珍しさも手伝って、はじめは「カンガルーが飛び出してくるかもしれない!」と思って慎重に運転をしていましたが、やがて慣れは来るもので…いけませんね。

結局カンガルーなどの動物に遭遇することはなかったのですが、もし出てたらこんな穏やかに書いていなかっただろうなぁ、と、なつかしく思いました。

まとめ

カンガルーの名前は、結局「通訳ミス」ということがわかりました。人間らしくていいです。

ところで、日本の道路標識にも「どうするのよ!?」と思った経験があります。

『落石注意』です。

落石に気付いて注意しても、隣に車が並走していたらハンドルをきれないし…急ブレーキかけても後ろから追突されそうだし…と、本気で考えたこともありますが…どうするのが正解か、悩ましいところです。

跳ぶものでもあるが、寝転がるものでもある

関連コンテンツ



スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする