クリスマスツリーは魔除けだった?リースやオーナメントの意味

レスポンシブ




クリスマスの時期になると、当たり前のように

クリスマスツリーやクリスマスリースを飾りますよね。

でも、どうして飾るのかご存知ですか?

今回はそんなクリスマスツリーやクリスマスリースの秘密について調べてみました。

この秘密を知って、今年のクリスマスをより聖なるものにしてみてはいかがですか?

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

クリスマスツリーの意味、魔除けだった?

クリスマスツリーは魔除けの効果があると言われています。

クリスマスツリーには、もみの木が使われていますよね。

そのもみの木には「抗菌作用」があり家の中で育てると空気を浄化してくれる働きがあります。

また、抗ウイルス作用もあり高い浄化の効果があります。

この高い浄化の効果により

病気を防ぎ、邪気を祓うことができるとされ「魔除け」として使われていたのです。

オレンジポマンダーも魔除け

実は、クリスマスによく見かけるオレンジポマンダーも魔除けの1つだったのです。

ハーブやスパイスを使うオレンジポマンダーは

抗菌作用があったり、免疫力を高めてくれたりするため

病気を防ぐとされ、「香りの魔除け」と呼ばれています。

クリスマスオーナメントの意味

そんな魔除けの意味もあるクリスマスツリーですが

イエス・キリストの一生を表していると言われています。

また、クリスマスツリーに飾るオーナメントにも、一つ一つ意味があったのです。

もみの木はイエス・キリストの永遠の命

まず、クリスマスツリーに使われるもみの木は、1年中ずっと緑色の葉を茂らせます。

そんな年中変わらない姿から、イエス・キリストの永遠の命を表しています。

トップスターはベツレヘムの星

頂上の星は「トップスター」と呼ばれています。

トップスターは、ベツレヘムの星を表現しています。

ベツレヘムの星というのは、キリストが生まれた直後に、空に見えた星のことです。

そのベツレヘムの星の輝きは、賢者を引き寄せたということから

イエス・キリストが人を導く様子を表しています。

リボンは永遠に結び合わされる

リボンは、永遠に結び合わされることを表しています。

お互いの愛情が、「永遠の絆で結ばれるように」との願いがこもっています。

ベルはイエス・キリストの誕生と魔除け

ベルは、イエス・キリストが生まれた時に鳴ったとされ

イエス・キリストの誕生を表しています。

またベルの音は、邪念や魔除けとしての意味もあります。

イルミネーションは世を照らす光

イルミネーションは、キャンドルを表しています。

キャンドルは「世を照らす光」としてキリストの象徴とされています。

キャンディケーンはJesusの「J」

キャンディケーン(杖の形をした飴)は、杖を逆さにすると

イエス・キリストのことである「Jesus(ジーザス)」の頭文字の「J」になることから

飾られています。

靴下は「プレゼントはこの中に」

他にも、イエス・キリストとは関係がありませんが

靴下には、「プレゼントはこの中に」という意味があります。

これは、クリスマスの時に、たまたま誰かが投げたプレゼントが

干してあった靴下に入ったことから、プレゼントは靴下の中にいれると言われています。

りんごは「豊かな実り」や「幸福」

室内でクリスマスツリーを飾り始めたと言われているドイツでは、りんごを飾っています。

りんごはクリスマスの寒い時期でも、保存ができたので

「豊かな実り」や「幸福」を象徴して飾られています。

スポンサーリンク

クリスマスリースの意味

クリスマスツリーだけでなく、クリスマスリースにも意味があったのです。

クリスマスリースは、「永遠の環」「魔除け」を意味しています。

永遠の環と言われているのは、クリスマスリースの形状にあります。

クリスマスリースは、丸くなっています。

つまり、「終わりがない」と考えられ、永遠の環と言われています。

柊や赤い実の意味

魔除けと言われているのは、クリスマスリースに使われる葉と飾りに関係があります。

クリスマスリースに使われるのは、柊(ひいらぎ)の葉です。

柊のトゲのような葉が、邪気を祓う魔除けとして考えられていました。

さらに、葉自体にも殺菌作用や抗菌作用があるため

「災いから家族を守るもの」としての意味もあります。

そして、クリスマスリースについているリボンやベルにも、魔除けの意味があります。

または、イエス・キリストが十字架にかけられた時に被せられた冠を連想させるため

イエス・キリストの受難を表しています。

そして、小さい赤い実は、イエス・キリストが流した血を表しています。

まつぼっくり、松は不死の象徴で縁起がいいからです。

リースに様々な植物が飾られているのは、次の収穫が豊作になることを願ってとのことです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

クリスマスツリーやクリスマスリースに込められた意味はお分かりいただけましたでしょうか?

オーナメント一つ一つに意味が込められているなんてロマンチックです。

クリスマスの時期になると、プレゼントやサンタクロース

イルミネーションばかり、楽しんでしまいがちですが

こういうクリスマスツリーやリースの意味を知ると楽しみも増えますね。

あわせてこちらもどうぞ

3月〜4月頃になると、ちょうど散歩をするにも気持ちの良い季節になり 道端の花に惹かれることもあると思います。 ...
クリスマスといえば、ツリーを飾って皆でご馳走、 ケーキを食べて、子供達はサンタさんからのプレゼントを楽しみながら待って……。 ...
日本には四季があり、季節ごとに咲かせる花も変わってきます。 今回は、ちょっと早いのですが、クリスマスのお花につ...
クリスマスの時期になると、街のどこかしらで「シュトーレン」という言葉を目にする機会があるかと思います。 パンな...
関連コンテンツ



スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする