風邪薬に便秘成分が!解消に便秘薬併用は?便秘にならない風邪薬は?

レスポンシブ




風邪薬を飲んで、便秘になったことはありませんか?

風邪の症状で、熱や咳が出て辛いのに、さらに便秘までなってしまうと

辛さは倍増してしまいますよね。

頭も痛いし、関節も痛い上に、お腹まで痛くなってしまうなんて

想像しただけでも、恐ろしくなります…。

今回は、そんな風邪薬と便秘の関係についてまとめてみました。

実は、風邪薬に含まれているある成分が、便秘を引き起こす作用があったのです!

そうは言っても、便秘になりたくないから、風邪の症状が辛くても

風邪薬を飲まないというわけにはいきませんよね。

そんな方に向けて、安心して風邪薬を飲んで頂けるよう徹底的に調べてきました。

本文を読んで、便秘に悩まされることなく風邪の症状を治すことに専念しましょう!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

風邪薬を飲むと便秘になる!?

結論、風邪薬を飲んで便秘になる可能性はあります。

なぜなら、先ほどもお話しましたが

風邪薬に含まれている2つの成分に便秘を引き起こす作用があるからです。

その2つの成分というのが、「コデインリン酸塩水和物」「ジヒドロコデインリン酸塩」です。

コデインリン酸塩水和物は、別名「コデイン」とも呼ばれます。

この成分の主な作用は、「咳止め」です。

しかし、咳を止めてくれると同時に、大腸の働きにも影響を与えてしまうことがあります。

また、ジヒドロコデインリン酸塩は、ジヒドロコデインとも言います。

これも咳止めの効果があるのですが

先ほどのコデインと比べて約2倍の咳止めの効果があると言われています。

しかし、これもまた、副作用として便秘を引き起こす作用があります。

一般的に市販の風邪薬には、咳止めの成分が含まれています。

そのため、体質によっては副作用の症状として、便秘になってしまうこともあるというわけです。

風邪薬と便秘薬を一緒に飲んで大丈夫?

風邪薬と便秘薬を一緒に飲んでも問題ありません。

2つの薬を同時に服用したからと言って、なにか体に副作用が起きる心配はありません。

ただし、どの風邪薬や便秘薬でも問題ないというわけではありません。

中には、相性の悪いものもあります。

そのため、風邪薬と便秘薬を同時に服用する場合は

医師や薬剤師に確認をとることが好ましいです。

また、持病の薬を飲んでいる方も、組み合わせが悪くなってしまう可能性もあるため

同様に医師や薬剤師に相談してみてください。

しかし、できれば便秘薬を飲まずに風邪薬だけを服用できたら良いですよね。

そんな風にお考えの方は、風邪薬を服用している間は

いつもより「水分を多く摂取する」ように心がけましょう。

発熱している時は、体内の水分が健康な時よりも奪われがちです。

その結果、体内が水分不足となり、便秘になってしまうのです。

特に、熱が高ければ高いほど、体内の水分は奪われやすくなります。

そのため、水分を多く摂ることで、体内の水分不足を防ぎ、便秘を緩和することができるのです。

スポンサーリンク

便秘にならない風邪薬

便秘にならない風邪薬とは、「コデインリン酸塩水和物」や「ジヒドロコデインリン酸塩」

が含まれていない風邪薬のことです。

では、一般的に販売されている風邪薬でこれらが含まれていないものを2つご紹介します!

1.パブロン50

2.エスタック総合感冒

パブロン50

これは商品紹介のホームページ上で

「便秘を起こしやすいジヒドロコデインリン酸塩を配合していません」

と大々的に宣言しています。

そのため、副作用で便秘が気になる方にはおすすめの風邪薬です。

しかし、15歳未満には服用できないというデメリットもあります。

●成分・分量
9錠(成人1日量)中
アセトアミノフェン・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・900mg
クロルフェニラミンマレイン酸塩・・・・・・・・・・・・・・・7.5mg
デキストロメトルファン臭化水素酸塩水和物・・・・・・・・・・・48mg
dl-メチルエフェドリン塩酸塩・・・・・・・・・・・・・・・・60mg
ヘスペリジン・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・45mg
カンゾウエキス(カンゾウ750mgに相当)・・・・・・・187.5mg
ショウキョウ末・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・150mg
無水カフェイン・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・75mg

添加物:クロスカルメロースNa、無水ケイ酸、セルロース、乳糖、ヒプロメロース、
ポビドン、マクロゴール、ステアリン酸Mg、タルク、酸化チタン、
トウモロコシデンプン、三二酸化鉄

エスタック総合感冒

これにもコデインが含まれていません。

さらに、5歳から服用できるため、小さいお子さんがいらっしゃるご家庭には

非常におすすめの風邪薬です。

●成分・分量
9錠(成人1日量)中
アセトアミノフェン・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・900mg
クロルフェニラミンマレイン酸塩・・・・・・・・・・・・・・・7.5mg
デキストロメトルファン臭化水素酸塩水和物・・・・・・・・・・・48mg
dl-メチルエフェドリン塩酸塩・・・・・・・・・・・・・・・・60mg
ヘスペリジン・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・45mg
カンゾウエキス(カンゾウ750mgに相当)・・・・・・・187.5mg
ショウキョウ末・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・150mg
無水カフェイン・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・75mg

添加物:クロスカルメロースNa、無水ケイ酸、セルロース、乳糖、ヒプロメロース、
ポビドン、マクロゴール、ステアリン酸Mg、タルク、酸化チタン、
トウモロコシデンプン、三二酸化鉄

まとめ

いかがでしたか?

今回は、「風邪薬と便秘」についてご紹介しました。

先ほどご紹介した2つの風邪薬は、薬局やネットでも購入することができます。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

あわせてこちらもどうぞ

家族と友人と外食で焼肉を食べるのって幸せですよね! しかし、食べ終わった後にお腹が痛くなって トイレに言...
先日、小学校高学年の子どもに付き添って眼科に行ったときのこと。 待合室にいるとき、一人で来ている中学生を見かけました。...
今年の夏は異常な暑さでしたね。 例年なら、一日中エアコンをつけっぱなしにすることがない方も ずっとエアコンをつけていない...

関連コンテンツ



スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする