小学生の引っ越しはどのタイミングがベストなの?転校後の子供のケア

レスポンシブ




一緒に新しいお家に行こうね

家族で引っ越しをする時、子供が小学生だとどの時期を選ぶべきか迷う人が多いでしょう。
低学年の方が良いのか?高学年の方が良いのか?
それぞれのメリットとデメリットが気になりますね。

さらに、引っ越しにおいて親が子供にすべきケアについてもまとめてみました。
引っ越しは住まいだけでなく人間関係もガラリと変わります。大人にとっても子供にとっても、少なからずストレスが生じる可能性が高いでしょう。

新生活を迎えるタイミングの見極め方と、その時のケアについて考え、気持ちの準備も進めていきましょう!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

低学年?高学年?

引っ越しをするタイミングを、子供が低学年の時期と高学年の時期とで分けて考えていきましょう。

まず、引っ越しをする時に子供が小学校の低学年であれば、勉強におけるリスクが少ないといえます。
何故なら、小学校の低学年であればどの教科もまだ難易度が高くありません。そのため、新しい学校での勉強でもスムーズに始めやすいでしょう。
当然のことながら高学年になると授業の内容がむずかしくなります。
そして、もし転校先の学校とは進み具合が違った場合に、その穴を埋める必要があります。
子供の力だけではなかなか解決が難しいかもしれません。
この場合は、先生や保護者のサポートが欠かせないですね。

そのほか、小学校生活では行事が多いという特徴があります。
運動会は毎年行われるところがほとんどですが、修学旅行のような宿泊を伴う行事は数回だけです。
低学年での引っ越しであれば、新しい学校の仲間とより多くの行事を共に経験できますね。共通の思い出が多いことが、友達との絆を深めてくれそうです。

一方、子供にとって“やりたいこと”が明確になっていれば、それに合わせて小学校の学区を選ぶことが出来ます。
これが高学年になってから転居するうえでのメリットといえるでしょう。
例えば、子供が中学受験に挑戦したい気持ちを持っていたとします。
それならば、中学受験のために力を入れている塾に通いやすい場所を選んだり、電車通学をしやすい場所を選んだり、住まいを選ぶポイントが低学年の時とは違ってきます。

受験と同じように、スポーツに夢中になっている子供であれば部活動に熱心な学校を希望する場合があります。
小学校の高学年であれば、「バスケットがやりたい!」とか、「バレー部に入りたい!」とか、既に希望のスポーツが決まっている子供も少なくないですね。
小学校低学年よりも高学年の方が、子供の“やりたいこと”が明確になってきます。
転居先を選ぶ時に、その希望を選択の材料に出来ることは大きなメリットですね。

進級時?学年途中?

進級時の転校は、授業の進み具合を気にしなくて良いというメリットがあります。
もともとその学校にいた生徒も、転校生も、同じスタートラインから授業が始まります。
そうなれば、授業の内容に戸惑うことは無く済むでしょう。
学年途中の引っ越しだと、前の学校よりも新しい学校の授業が進んでいるかもしれません。
その場合、教わってない範囲ができてしまう可能性があるのです。

一方、学年途中であれば周りのサポートを得やすいといえるでしょう。
特に小学校高学年になると、新しい環境に入った友達がどんなことに困っているのか、それに対してどういう手助けができるかを理解できる年齢です。
クラス替えをして間もなかったり、新しい先生が着任したてだったりすると、心に余裕を持てない時期もありそうですね。
それよりも、学年途中であれば生徒も先生もある程度落ち着いたタイミングといえます。
転校生を張り切ってサポートしてくれる仲間に恵まれたら理想的ではないでしょうか。

スポンサーリンク

子供のケアに親ができること

引っ越し先の学校で子供が馴染んでいるかどうか、親としてはとても心配ですよね。
様子を聞いて子供本人が「大丈夫」と言ったとしても、安心しきれないこともあるはずです。

時には子供本人ではなく、先生から様子を聞いてみるのも良いでしょう。
その時には、先生とやりとりしたことを必ずしも子供に知らせる必要はありません。
何故なら親と先生がやりとりをしていると知った子供が、先生の前で余計に緊張してしまう場合があるからです。

もし子供が悩みを持ったとして、それを親に言えなくても代わりに先生に打ち明けられる関係であれば助かりますね。
そのためにも、先生と子供との関係も保ちつつ、うまくコミュニケーションを取るようにしましょう。

まとめ

引っ越しのタイミングを選ぶには、さまざまな判断材料がありますね。
小学校低学年の時期にするか、高学年の時期にするかは、子供の“やりたいこと”も聞きつつ決めていくと良いでしょう。

「引っ越しをするならいつが良いか?」という聞き方よりも、「中学校に入る頃はどういうことをしていたいか?」を聞いてみると、前向きな気持ちが引き出せるのではないでしょうか。
子供に対してどう手を差し伸べるべきか、やはり大切なのはコミュニケーションです。
言葉だけでなく、表情もよく見ながら様子を聞いてあげましょう。そして、聞いてあげるだけでなく時にはこちらの話も聞いてもらうと良いかもしれません。

引っ越しにより、考えなければいけないこともやらなければいけないこともたくさん出てきます。それらを経て、親子の信頼関係が深まっていけば理想的ですね。

新しいおうちでも、一緒に楽しく暮らそうね♪

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする