保護者会を欠席するとデメリットある?理由を連絡帳に書くべき?

休んでもいいのかな……

年に何度もある保護者会、毎回出席するのは結構大変ですよね。

私の子供が通っている学校は、学期の始めと終わりにあるので、年6回あります。

保育園・幼稚園・小学校・中学校・高校まで、ずっと付いてくる保護者会。

平日にあるから仕事を休まなくてはいけません。

兄弟がいて、幼稚園・小学校などに分かれていたら、兄弟の数だけ倍になってしまいます。

無理!そんなに行けない!

……では休んでしまいましょうか。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

欠席するとデメリットがある?

思い切って欠席しよう!と決意したけれど、またここで問題が出てきます。

出席しないと不都合なことがあるかもしれない……。

そんな風に躊躇してしまうかもしれませんね。

PTA役員にさせられる?

欠席すると、勝手にPTA役員にされてしまうかも?と思うと怖いですよね。

役員の選出は、4月の保護者会で行われなます。

ほとんどのお母さん(お父さん)は、やりたくないですよね。

なかなか決まらないので保護者会の時間が過ぎても延長されて、ずっと帰れないこともあります。

その間ずっと先生や議長と目を合わせないように、息を殺して目立たないように固まっていなくてはいけません。

「用事があるのでお先に失礼します。」なんて席を立てないですよ。

「だったら、あなたが役員になってください。これでお開きになりますよ。」

という圧力を全員から受けることになります。

「出席者に立候補がいないので、欠席者の中から選びましょうか」

そんなことを誰かが言うかもしれません。

実際、一昔前はよくあったそうです。

でも、今は役員を欠席者に押し付けるということは、ほとんど無いでしょう。

もちろん絶対とは言いません。

地域や学校によって様々ですから。

理由は、不平等だということ。

あと納得して引き受けていないので、役員の仕事をせず、PTAの業務が滞ることがあるからです。

それはそうですよね。

保護者会に来れない人は、仕事が大変だったり、要介護者がいたりと、忙しい人が多いです。

それなのに、頻繁に集まらなくてはいけないPTAに出席できるはずもありません。

忙しくても自分で納得して引き受ければ、なんとか都合をつけようとするでしょう。

でも勝手に決められては、そんな気を起こすのは難しいでしょうね。

逆に、出席者の中から決めましょう、ということもあまりありません。

今は仕事をしているお母さんが多いです。

数少ない有休を使って出席している人もいます。

出席しているからと言って、時間があるとは限りません。

「出席者の中から決めるのなら、次回から欠席する」と皆思ってしまいますよね。

今は、出席・欠席を問わず、全員の中からくじ引きで決める、ということが多いです。

一番公平ですからね。

欠席者の分は、議長が引きます。

これで役員になってしまったら、仕方ありません。

腹をくくりましょう。

「くじ引きで決まったというけれど、本当は欠席者に押し付けたのでは?」

という疑念が起こるかもしれません。

でも、それは無いと思われます。

くじは保護者会の中で行われます。

出席者の中で口裏を合わせても、人の口には戸が立てられないので漏れてしまうものです。

そんな信用できなくなるようなことは、しないでしょう。

学校の重要な情報がもらえない?

保護者会では、担任の先生が色々なお話をしてくださいます。

今習っている科目や今度行うイベント、宿題・持ち物の注意事項など色々盛りだくさんです。

出席しないと、そういう情報がもらえなくて、子供が困ることになるのでは?

と危惧してしまいますね。

結論として、問題ないと言えます。

一般的に、保護者会は出入り口に出席簿があります。

出席者は自分の名前に印を付けるので、学校側は出欠を把握しています。

後日、出席者に配られたプリントが欠席者の子に渡されます。

保護者会の翌日は、お子さんにプリントを貰ったか確かめましょう。

保護者会の進行は、プリントに沿って行われます。

多少話が脱線したり、質疑応答があったりしますが、

重要事項は必ずプリントに書いてあります。

ですから、プリントをよく読めば、重要事項を取りこぼすことはありえません。

もし、心配で気の置けない保護者の親御さんがいらしたら、何か重要な事を言ってなかったか聞いてみてください。

先生との関係が悪くなるのでは?

これも杞憂に終わるでしょう。

先生は親が保護者会に出席するかどうかで、お子さんに対する態度は変わりません。

逆に先生の立場になって考えてください。

保護者会にでない親とその子供に、不利益なことをしようと思いますか?

そんなことはないですよね。

出席した保護者に悪口を言われるかも?

これはどうでしょう?

私の周りでは聞いたことはありません。

働いていて忙しい人が多いせいか、皆さんよく知らない他人のことに大して関心はありません。

ただこれは地域差や人間関係があるので、絶対に悪口を言われないとは限りません。

よほど、変なことをしていなければ、大丈夫だと思います。

何か、悪口を言われるようなことが身に覚えありますか?

特になければ心配ありません。

保護者会に出ないだけで、悪く言う人はほどんどいないでしょうし、同意も得られないでしょう。

スポンサーリンク

欠席することを連絡帳に書くべき?

結論から言いますと、

書かなくてもOKですが、書いた方がよりベター

といったところでしょうか。

保護者会のある当日の連絡帳に欠席する旨を書いた方が、先生も出欠を把握しやすくなります。

欠席者に配るプリントを渡すことを忘れる可能性も、ぐっと低くなりますね。

先生のあなたに対する印象も、かなり良くなります。

ちゃんとした保護者だというイメージを持たれるでしょう。

ただ、急な用事ができて欠席するということもありますよね。

ですから書かなくても大丈夫ですよ。

書かないで後から気になったら、

「先日は保護者会に出られず申し訳ありません。いただいたプリントを拝読いたしました。ありがとうございます。」

とでも後日の連絡帳に書いておけばいいでしょう。

欠席理由を書くべき?

これも書かなくても別にいいでしょう。

「本日の保護者会は欠席いたします。」の一文で結構です。

「申し訳ありません」の一言を添えてもいいですね。

欠席理由は、書ければ書いてもいい、という程度です。

書くのなら「仕事の都合で」「体調がすぐれないので」と書けば問題ないです。

具体的に書きなくないなら、「私用で」でも充分です。

詳細な理由は必要ありません。

先生もそんなことをいちいち気にしていません。

スポンサーリンク

保護者会の出席率は?

お休みすると決めたけれど、ちょっと気になる出席率。

欠席するのは自分だけだったら悪目立ちするかも?

と変に悩んでしまいますね。

これも地域差・校風があるので一概には言えません。

ほぼ全員出席するクラスもあれば、少人数のクラスもあるでしょう。

私の経験や、他の人に聞いた話です。

学校や園に入って初めての保護者会の出席率は、やはり多いです。

新入生から学年が上がるにしたがって、だんだん少なくなります。

私は毎回出席しているのですが、だんだん出席するメンバーは決まってきました。

欠席者の方が多いので、目立ちませんよ。

まとめ

保護者会を欠席したい理由は、色々ありますよね。

仕事・介護・様々な用事、

小さな子がいると、連れて行くのも億劫ですよね。

お子さんが小学校の低学年なら、一人で家にお留守番させるのも心配ですし。

また、精神的な理由もありますよね、

自己紹介のようなことをするのが苦手・人付き合いが苦手・苦手な親御さんがいるなど。

私は決して、保護者会を欠席することを勧めているわけではありません。

私自身、毎回出席していて、それなりに収穫はあると思います。

ただ、この記事を読んでくださっている皆さんは、とても真面目なのだと思います。

真面目だから、欠席することに罪悪感を感じてしまう。

親の義務を果たしていないのではないか、周りにどう思われるか心配……。

ですからそんな皆さんに言いたいのは、それほど大したことじゃないよ、ということです。

保護者会に出席することが、負担になって辛いのならば、休んでも大丈夫ですよ。

出席した方がいい場合

ただ、それでも出席した方が良い場合はあります。

子供がいじめられていたり、学級崩壊になっているなど、問題がある時です。

その場合は、学級の雰囲気を感じるためにも、学校に足を運んでください。

先生や他の保護者の方とお話をしてください。

お子さんが楽しく通っていて、問題が無いようだったら、そこまで心配することも無いでしょう。

いかがでしたか?

少しでも参考になって、あなたの心の負担が軽くなれば幸いです。

よかった…!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする