2018年・ペルセウス座流星群が見える場所や方位は?

レスポンシブ




そもそも流星群って何かご存知ですか?

字のごとく、流れ星が短い時間にたくさん現れることです。

では、ペルセウス座流星群ってどんな流れ星だと思いますか?

実はわたしはこの「〇〇座流星群」の意味がよくわかりませんでした。

星座が流れるの?なんてことを思っていたくらいのレベルです。

これはペルセウス座を中心として、放射線状に流れ星が出現するよということです。

今回は、そんな天体観測が得意ではないわたしが、わたしくらいの知識量の方でもわかってもらえるペルセウス座流星群についての情報をお伝えしていきます!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

ペルセウス座流星群が、2018年はいつ?

ペルセウス座流星群は、流星群の中でも比較的観察しやすいものです。

他にも観察しやすい流星群が2つあります。

1つは、1月の「しぶんぎ座流星群」で

もう1つは、12月に「ふたご座流星群」です。

この3つを合わせて三大流星群と呼ばれています。

この3つの中でもペルセウス座流星群だけが、夏に観察できるもので

気温が低すぎず、気持ちよく観察できるのでおすすめです!

日本で最もきれいに見られる日は、「8月12日から13日にかけての夜」です。

しかし、その間が必ずしも晴天とは限らないので、何日も観察する方が

ペルセウス座流星群を見られる可能性はアップします!

8月7日から15日までは、ペルセウス座流星群が活発に活動する時期なので

そのあたりに観察するいいと思います。

では、何時頃が最もきれいに見られるのでしょうか?

「夜中の0時から日の出の直前まで」がペルセウス座流星群の出現率が高いです。

この時間帯に周りが真っ暗なところで観察をすると

1時間に40個くらいの流星が見られると予想されます!

40個も流れ星が現れたら、お願いごとをするのも大変そうですね。

ペルセウス座流星群が見える方位は?

最初にお話したように、ペルセウス座を中心にして放射線状に流星が現れるので

ペルセウス座のある方角の空を観察する方がいいと思います。

ペルセウス座は、北東の空に現れる星座なので、北東の空を観察するといいでしょう。

流星群の中心となる星座のことを放射点といいます。

しかし、流星群は必ず放射点を中心にして放射線状に現れるとは限りません。

放射点と真逆の位置に出現する可能性も十分あります。

なので、なるべく暗くなっている方の空を見ることをおすすめします!

基本的に長時間の観察になるので、立って空を見上げるよりは

レジャーシートやリクライニングの椅子に座って、のんびり観察する方が

疲れずに広範囲の空を見渡して探すことができます。

スポンサーリンク

ペルセウス座流星群が良く見える場所は?

なるべく明かりが少なく、暗い場所がおすすめです。

代表的な観察場所としては、天文台や天体観察室といったところでしょう。

しかし、ペルセウス座流星群は観察しやすいので、

街明かりに影響されない場所ならもっと近場で観察することができます。

例えば、広い公園や広場です。

狭い公園だと、街灯や木々たち、高い遊具が視界を遮り、

空の一部しか見えなくなってしまうので、

少し足を伸ばして広い公園や広場に行く方がいいでしょう。

そして河川敷もおすすめです。

河川敷は街灯も少なく、土手に寝転びながらゆったりと観察することができそうですね。

もし車をお持ちならサービスエリアもおすすめです。

サービスエリアだと周りが高速道路なので、明るさもだいぶ限られます。

サービスエリアの駐車場に車を止めて、

車の上部の窓からペルセウス座流星群を眺めるのもロマンチックですね。

まとめ

星座はプラネタリウムで見ることもできますし、

プラネタリウムの方が割とはっきりと見ることができます。

しかし、流星群はやはり生で見ることをおすすめします。

地面に寝転んで空を見上げると、星が降ってくる感覚を味わうことができます!

これは、なかなかプラネタリウムで味わうことは難しいでしょう。

都会の賑やかな雰囲気も素敵ですが、たまには大自然の中でゆったりとした時間を過ごしながらの天体観測もいいものではないでしょうか?

ペルセウス座、どれだか分かりますか?

関連コンテンツ



スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする