かき氷シロップは腐る?賞味期限が切れて余ったらどうする?

レスポンシブ




去年、美味しく食べたかき氷…

先日、冷蔵庫の整理をして出てきたのが、かき氷シロップ。

すっかり存在を忘れていました(笑)去年の夏に買って数回使ったきりだから、まだたっぷり余っています。

最近、暑くなってきたし、またかき氷を作りたいと思うのですが、このシロップってまだ使えるのでしょうか?

捨てちゃうのはなんだかもったいないですよね…

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

かき氷シロップは腐る?

見た感じ、去年と変わらないように見えるこのシロップ。

「そもそも、かき氷シロップって腐ることがあるのかな?」と思って、調べてみました。

結論から言うと、腐ることはなさそうです。

食品が腐るというのは、細菌類の作用によってタンパク質が分解され、人体に有害な物質が発生することを意味します。

そのため、タンパク質を含まない砂糖は腐ることがありません。

シロップも糖度が高くタンパク質を含まないため、砂糖と同じように腐らないというわけです。

かき氷シロップの賞味期限は?

腐らないとは言ったものの、かき氷シロップにも賞味期限が書かれていますよね。

製品によって多少違いますが、賞味期限は未開封で2年くらいになっています。

開封後であれば、半年ほどが目安です。

賞味期限の意味は、その期間を過ぎてしまうとメーカーが「味や風味を保証できませんよ」ということです。

必ずしも身体に害があるとは言っていません。

でも、だれも保証はしてくれないので、食べるかどうかは自己責任になりますね。

どちらにしても、味や風味を長持ちさせるために、

「直射日光に当てない」「開封後は冷蔵庫に入れる」

など保存方法には気を付けたほうがいいですよ。

そして、やはりできるだけ早めに消費してしまいたいですね。

スポンサーリンク

かき氷シロップ余ったら

かき氷シロップは、容量がたっぷりあるので使い切るのが難しいと思いませんか?

かき氷って暑いシーズンしか食べないし、食べすぎるとキーンと頭が痛くなっちゃうし…。

そんなに簡単に使い切れませんよね。

だったら、かき氷以外で使ってしまいましょう。

発想を変えると、いろんなアレンジ方法があるんですよ!これからいくつかご紹介します。

ドリンクに入れてアレンジ♪

水や炭酸水で割ると、ジュースのできあがり。

混ぜるだけでとってもカンタンです。

緑色のかき氷シロップと無糖の炭酸水で、簡単にメロンソーダの出来上がり!

牛乳に入れてイチゴミルクや抹茶ミルクにすれば、お子さんも大喜び♪

大人向けにはお酒に入れてもいいですね。

かき氷シロップ+炭酸+焼酎でチューハイを作るのはいかが?

カラフルなゼリーを作ろう☆

ゼラチンで固めれば、カラフルなゼリーを作れます。

ブルーハワイを使うと青い海のような素敵なゼリーができますよ。

数種類のシロップで、だんだん重ねのゼリーにしてもおもしろいですね。

同じくゼラチンを使い、もっと固くすると、グミを作ることもできますよ。

甘味料として使ってもOK!

みぞれシロップはガムシロップと同様に使えばOKです。

アイスコーヒーやアイスティーに添えるといいですね。

お料理に使うこともできます。

色や香りがついているシロップなら、ヨーグルトなどにかけると美味しいですよ。

色付けも利用できる!

ホイップクリームにかき氷シロップをちょっと入れると、ほんのり淡い色がつきます。

これを使えば、可愛いスイーツができますね。

白玉だんごに入れるのもいいですよ。

カラフルなおだんごをお子さんと一緒に作るのも楽しいですね。

イチゴシロップはひな祭りのときに重宝しそうです。

まとめ

いかがですか?アイデア次第でかき氷シロップのアレンジは無限大です。

かき氷以外の目的で買う人もいるほどなんですよ。

夏だけしか使わないと思っていたかき氷シロップ。

実は一年中使える便利なものだったなんて、なんだか得した気分ですね。

みなさんもいろいろ試してみてください。これからはもう、余らせることはありませんね。

メロンシロップたっぷり♪

関連コンテンツ



スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする