高潮・高波・津波の違いや特徴は?発生原因も違う?

レスポンシブ




今年は自然災害が本当に多い1年ですね。

そのためテレビのニュースや天気予報で

警報に関することを目にする機会も多かったのではないでしょうか?

今回はそんな警報の中でも「高潮・高波・津波」についてまとめてみました。

災害の時には、冷静になるのが難しいです。

だからこそ、普段時間がある時に、正しい知識を学んでおきましょう。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

高潮の原因・特徴

高潮とは、波が高くなると同時に海面の水位も上昇する現象のことを言います。

高潮の原因

高波が発生する原因は4つあります。

1.台風

台風によって長時間、強い風が沖から岸へ吹き続けると

波が沖へ戻ることができずに、岸にずっと打ち寄せられることになります。

そのため、沖に波が溜まり海面の水位が上昇します。

さらに、台風の右側では特に風が強まるため、岸に打ち寄せられる波が大きくなります。

2.気圧の低下による吸い上げ効果

気圧が1hPa下がると、海面がおよそ1cm高くなります。

平常時は1013hPaのため、気圧が910hPaになると103hPa下がるため

海面がおよそ1mも高くなります。

3.風による吹き寄せ

先ほど、「台風」のところで説明したメカニズムと同じです。

台風のような強い風が吹き続けると、岸に打ち寄せられた波は

風の強さに逆らうことができず、岸に溜まってしまうので、海面の水位が上昇してしまうのです。

ちなみに水深が浅いほど、風の吹き寄せが強くなり、高潮が発達しやすいです。

4.月の満ち欠け

海面は月や太陽の引力により、1日に満潮と干潮を繰り返しています。

この影響が大きいところだと

満潮時の海面の水位と、干潮時の海面の水位が40cmも違うのです。

高潮の特徴

高潮の特徴としては、「長時間続く」ということです。

なぜなら台風や低気圧が原因で発生するため、それらが過ぎ去らない限り

解消することはないからです。

高潮が長く続くということは、それだけ被害も大きくなるという点が

高潮の恐ろしいところです。

実は、昔は高潮という言葉がなく、全て津波と読んでいました。

しかし、昭和9年以降、高潮という言葉ができ津波と区別されるようになりました。

高波の原因・特徴

高波とは、災害を引き起こす可能性のある高い波のことを言います。

気象庁では「波浪注意報・警報の対象になる程度の高い波」として定義しています。

高波の原因

高波が発生する原因は「風」です。

低気圧の発達により発生する強い風が原因となり、波が高くなります。

基本的には、強い風が高波発生の原因ですが

風浪(ふうろう)とうねりがぶつかり合うことで発生することもあります。

高波の特徴

ただ高い波のことでなく、「災害を発生させるレベルの高い波」を示しています。

スポンサーリンク

津波の原因・特徴

津波とは、地震により海底が上がったり下がったりして

海面が大きく変動した時に発生する波のことを言います。

津波の原因

津波が発生する場合の原因は「プレート型の地震」です。

プレートが弾ける時に、その衝撃で海面が大きく上下することにより、波が発生します。

津波の特徴

津波にはいくつか特徴があります。

・時速200キロを超えるスピードで押し寄せることもあるほど速い波

・海外付近で波が高くなる

・1回だけでなく、何回も発生することがある

また、みなさんは「オレンジフラッグ」というものをご存知でしょうか?

地震が発生し、津波の恐れがある場合には、ビーチに「オレンジフラッグ」が掲げられます。

これは「避難してください」という合図です。

さらに、避難所の印として、近くの高い建物にオレンジフラッグが掲げられます。

これを見つけたら、そこに向かってすぐ避難しましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

高潮・高波・津波の違いはお分かりいただけましたでしょうか?

今回の内容をカンタンにまとめると、それぞれの発生原因はこちらでした。

高潮:台風

高波:風

津波:地震

また、それぞれの特徴はこちらです。

高潮:長時間続く

高波:災害を引き起こすレベル

津波:何度も発生する速い波

この知識を頭に入れておくだけでも、いざという時に役に立ちます。

自然災害は予想ができない分、普段からしっかり備えておきたいものですね。

怖かったにゃ…

あわせてこちらもどうぞ

近年、夏場のゲリラ豪雨が増えてきました。 ゲリラ豪雨の恐ろしいところは、予測ができないという点です。 ...
関連コンテンツ



スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする