砂糖中毒の離脱症状の期間は?つらい頭痛やイライラの克服方法は!

レスポンシブ




生活をしていると、これがあるから頑張れるというようなものってありますよね!

例えば、大好きなテレビ番組を見るために頑張るとか

友達を食事に行く約束をしていて、そのために頑張るとかいうものです。

そんな好きなことのために頑張っている間はいいのですが、

その気持がエスカレートして、それがないと頑張れないというような精神状態になると危険です。

そんな状態のことを世の中では、「◯◯中毒」と言います。

今回はそんな中毒の中でも「砂糖中毒」について調べてみました。

わたしたちの生活に身近にあるあまり、その危険性に気づいていませんでしたが、

砂糖には危険な一面もあったのです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

砂糖中毒・砂糖依存症とは何?

砂糖中毒とは、文字の通り、砂糖に対して中毒症状を起こしている状態のことです。

つまり、砂糖がないと生活が送れない!といった状態のことです。

砂糖はわたしたちにとって、とても身近な存在になっています。

ケーキやクッキー、ビスケットなどのお菓子はもちろんのこと、

食卓に並ぶ料理にも含まれています。

それだけわたしたちが口にする機会が多いのが砂糖です。

実は、そんな砂糖の依存性は非常に高かったのです。

一体どのくらい依存性が高いかというと、

薬物のコカインよりも中毒になりやすいと言われています。

少しご自身の生活を思い返してみてください。

イライラした時に甘いものを食べたくなりませんか?

もし思い当たる節があるなら、もう砂糖中毒になっているのです。

しかし、この砂糖中毒ですが、知らず知らずのうちに中毒になっている方が多いのです。

あなたも砂糖中毒になっていないかどうか下の項目でチェックしてみてください。

砂糖中毒チェック項目

・疲れやストレスが溜まると、ついつい甘い物がほしくなる

・食後にスイーツを食べることが習慣になっている

・甘い物を食事の代わりにすることがある

・1日に1回は甘いものを食べないとイライラする

・甘いものを口にすると、お腹が空いていなくても、またすぐ甘い物が食べたくなる

・甘い物を食べないとフラフラしたり、冷や汗をかいたりする

これらの項目に当てはまるものが多ければ、砂糖中毒に陥っている可能性が高いです。

砂糖断ちの離脱症状と期間

もしあなたが砂糖中毒だった場合、簡単に砂糖をやめられれば問題ないのですが、

「中毒」というだけあって、やめるのは一筋縄ではいきません。

砂糖絶ちをする場合、一体どのような症状が起こりうるのでしょうか?

そして、その期間はどれくらいの長さなのでしょうか?

事前にあなたがどれくらい砂糖中毒だったかという度合いにもよりますが、

普段から多く砂糖を摂取していた場合は、

イライラしたり、集中力がなくなったり、無気力になったりする場合があります。

そんな時は、毎日砂糖断ちをするのではなく、

1日おきに砂糖断ちをしたり、週末は砂糖OKの日を作ったりするなど

工夫して取り組むことをおすすめします。

この症状が出る期間は、一般的には3〜4週間と言われています。

砂糖断ちは、今までの生活習慣を変えるものです。

習慣になっているものを変えるのには、それなりに時間がかかります。

おおよそ1ヶ月はかかると思っておくと、心に余裕ができるでしょう。

スポンサーリンク

離脱症状の克服方法

先程も少しお話しましたが、急に完全に砂糖断ちをしてしまうと

ストレスになり続かず、砂糖断ちを成功することが難しくなってしまいます。

そうなってしまっては、もったいないです。

砂糖断ちをしていて離脱症状が出た場合の克服方法を3つお伝えしていきます。

白砂糖からきび砂糖へ変えてみる

甘い物を食べてはいけないと思えば思うほど、食べたくなってしまいますよね。

そんな時は、砂糖の種類を変えてみましょう。

今までお話してきた砂糖というのは、「白砂糖」を指します。

しかし、世の中には、白砂糖以外の砂糖も存在しています。

その1つが、「きび砂糖」です。

スーパーでもよく売られている茶色い砂糖のことです。

きび砂糖は、白砂糖と比べて体への負担も少なく、依存性も低いと言われています。

目に見えるところに甘い物を置かない

大好きなクッキーやチョコレートが目の前に置いてあると、

どうしても気になってしまいますよね。

しかも、すぐ手の届くところに置いてあったら、なおさら我慢できませんよね。

そこで家にある甘い物は、目に見えないところに仕舞いましょう。

もし家のどこに置いても見えてしまう場合は、1番手の届きにくい場所に置きましょう。

例えば、脚立がないと届かないような棚の最上段に置くのはどうでしょう?

そんな高さだと普段目にすることはないですし、

見つけたといしても、わざわざ脚立を持ってくるのは面倒ですよね。

そんなことを考えているうちに、甘い物を食べたい欲求も下がっていきます。

甘い物を食べること以外でストレスを解消する方法を見つける

イライラした時に、そのストレスを解消できる方法はたくさんあります。

甘い物を食べなくても、ストレスを解消する方法はあります。

たとえば、気分転換に散歩をするとか、半身浴をするとか、

映画を見るとか、読書をするのはいかがでしょうか?

個人的にはイライラした時には、カラオケに行って思いっきり歌うことが

ストレス解消になっています。

その時は1人で行くので、どんなに下手くそでも構わないのです。

サビだけ歌って、AメロやBメロを早送りしても問題ないのです。

そんなストレス解消方法もあります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

砂糖はかなり強い中毒性の高いものだったのですね。

そこまで言われると、砂糖断ちを成功させたいですよね。

砂糖断ちだけでなく、何事にも言えるのですが、

なにかを変えようとする時は、常に成功した後のことを思い描くことが成功への鍵です。

砂糖断ちを成功できると、まず痩せます!

そして、集中力が前よりアップしたり、イライラする回数が減ったり、疲れにくくなったりします。さらに、冷え性が改善されたり、肌がきれいになったりします。

つらいことを我慢した後には、こんなに良いことが待っていると思うと

もうちょっと続けてみようと思いませんか?

どれだけ着飾っても、内面から美しい人にはかなわないものです。

あわせてこちらもどうぞ

ダイエットっていつの時代もブームになっている気がしませんか? 体を動かすようなダイエットだったり、食事制限をす...
関連コンテンツ



スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする