東雲・西雲・南雲・北雲、東風・西風・南風・北風、の読み方は?東からなのはなぜ?

レスポンシブ




日本には漢字の読み方で、難しいものがたくさんありますよね。

小鳥遊と書いて、「たかなし」と読んだり

東海林と書いて、「しょうじ」と読んだり・・・。

今回は、そんな難しい漢字の読み方の中で、東西南北のついた漢字をご紹介します。

東西南北にそれぞれ雲という漢字がつくパターンと

風がつくパターンと2パターンに分けてご説明します。

みなさんは、いくつ読むことができますか?

そして、いくつその漢字の語源を知っていますか?

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

東雲・西雲・南雲・北雲の読み方・語源

読み方

それでは、早速漢字の読み方からご説明しますね。

お知り合いの方の名字で聞いたことがあるかもしれませんが、

東雲:しののめ

南雲:なぐも

東と南はこう読みます。

この流れだと、西と北もありそうな感じがしますが、実は特別な読み方はありません

西雲は「にしぐも」でもなければ「せいうん」でもありません。

そして、北雲は「きたぐも」でもなければ「ほくうん」でもありません。

語源

次に、東雲と南雲の語源をみていきましょう。

東雲という漢字は当て字です。もともとは「篠の目」という漢字でした。

では、篠の目とは一体なんのことでしょうか?

篠は、カンタンにいうと、笹や竹のことを意味します。

昔の家は、今のように網戸やレースカーテンがないので、窓枠に竹を編んだものをはめ込み

その網目から光を得ていました。その網目が「目」なのです。

はじめは、その目から入る光のことをそのものの名前から「篠の目」と呼んでいましたが、

だんだんと意味が広くなり、

現在では「東の空の夜明けの光」「夜明け」のことを意味するようになりました。

南雲には特に意味はありません。

南雲は、新潟県に多く見られる名字の1つなのです。

東風・西風・南風・北風の読み方・語源

読み方

では早速読み方からみていきましょう。

東風:こち

西風:ならい

南風:はえ

北風:あなじ

東風は聞いたことがあるかもしれませんが、南風はいかがでしょうか?

初めて聞いたという方も多いのではないですか?

雲シリーズとは違い、西にも北にも特別な読み方が存在します。

しかし、基本的には特別な読み方をしなくても、訓読みをしたら意味は通じることが多いです。

語源

では、次に語源をみていきましょう。

東風の語源は、「こち」という日本語と「東風」という中国語が別々に存在していたが、

その2つが同じ意味だったため、東風と書いて「こち」と読むようになりました。

日本でもともとあった「こち」という言葉は、昔、和歌を詠むときに

春を運ぶ風のことや東から吹く風のことをそう詠んでいました。

それ以外の、西風・南風・北風の語源は、特に語源があるわけではなく、人名や地名の1つです。

スポンサーリンク

「東西南北」、なぜ東から?

今回は東西南北に関する漢字についてご紹介しましたが、

そもそもどうして東西南北って東→西→南→北の順番になっているかご存知ですか?

実は、東西南北という言葉は、「東西」と「南北」という2つの単語が合わさったものです。

では、東と西の場合、東が先にくるのか

南と北の場合、南が先にくるのか、その理由をご説明します。

理由はカンタンです。

太陽が先に通る方を先にしているのです。

東西で考えると、太陽は東から昇って西に沈みます。

そのため東が先になります。

南北で考えると、太陽は東から昇って、南の空を通り、西に沈みます。

そのため、南が先になるのです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

それぞれの漢字の読み方はお分かりいただけましたでしょうか?

どれも本当に難しい読み方ばかりでしたね。

個人的には、東西南北の順番に意味があるのが驚きでした。

ただ、語呂が良いからかなと思っていたのが、お恥ずかしいです。

このことを知っておくだけで、太陽の動きの勉強にもなりますよね。

改めて、昔の方の賢さに脱帽です。

月は東に日は西に

あわせてこちらもどうぞ

日本には春夏秋冬という四季がありますよね。 日本を象徴する言葉と言っても良いほど、誰もが知っている言葉ですよね...
関連コンテンツ



スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする