台風の結婚式!服装は?中止や延期になる?行きたくない!欠席してもいい?

レスポンシブ




いいところですが、雲行きが怪しくなってきましたよ

今年は、台風の勢いがすごかったですね。

自然災害の場合、無くすことはできませんので

どう対策をするかということが大切になってきます。

今回は、もし参加する予定の結婚式と台風が重なってしまった場合について調べてみました。

「結婚式って台風で中止になったりするの?」

「台風の中、ドレス着たら汚れるし参加したくない…。台風で欠席って大丈夫?」

「台風の中、結婚式に参加する場合、気をつけることってある?」

そんな疑問にお答えしていきます!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

結婚式は台風で中止や延期になる?

結論、台風で結婚式が中止になることは、ほとんどありません

・結婚式のキャンセル料が全額発生する。

・ゲスト全員に連絡をしないといけない。

・結婚式の準備をまたやり直さないといけない。

この3つの理由から、中止になることは、ほとんどありません。

また、大規模な台風で交通機関が麻痺している場合は、開始時刻を遅らせることもあります。

しかし、日にちを延期することは、ほとんどありません。

しかしゲストを招待せずに

記念写真だけ撮影する場合や、2人だけで挙式をする場合は

中止や延期になる可能性もあります。

台風のために欠席はまずい?

台風のせいで欠席することは避けましょう。

新郎新婦は、ゲストのために事前に準備をしてくれています。

その気持ちを汲むと、当日欠席はよっぽどのことが無い限り、感じが悪くなってしまいます。

台風は突然、直撃するものではなく、事前にある程度、予想されるものです。

そのため式場の近くのホテルに宿泊したり、当日早目に出発したりして結婚式に参加しましょう

欠席するときのマナー

そうは言っても、前日まで仕事が入っていて、前乗りすることが難しい時もあります。

そんな時は、せめて前日までには連絡を入れておきましょう。

当日に急に欠席の連絡をすることは絶対にやめましょう。

前日に連絡をするのは、新郎新婦で問題ありませんが

当日やむを得ず、遅刻や欠席をする場合は、新郎新婦ではなく式場に連絡をしましょう。

万が一、台風によって結婚式に参加できない場合でも、この2つのことは忘れないでください。

・電話できちんと説明して、お祝いの言葉も伝えること

・ご祝儀を現金書留で郵送すること

ご祝儀を郵送する時には、参加できなかった謝罪の手紙も添えて送りましょう。

スポンサーリンク

台風で結婚式に出る服装は?

まず、足元が濡れるため、式場まで履いていく靴と式場で履く靴の2足用意しましょう。

コインロッカーがある式場が多いため、到着したら履き替えて

コインロッカーの中に入れておきましょう。

もしクロークに預ける場合は、濡れた靴をビニール袋に入れて

その後、紙袋やトートバッグに入れて預けましょう。

しかし、ドレスは到着したら着替えてというわけにはいきません。

そのため、ドレスが隠れるくらいの長めのカーディガンや

トレンチコートを羽織ることをおすすめします。

向かう途中なので、カジュアルなもので構いませんが

フラワーシャワーを外で行う時に、上に羽織るものがなくなってしまうので

きれい目なものの方が良いでしょう。

また、式場によっては、着替えるスペースを用意してくれているところもあり

事前にドレスやスーツを郵送して、そこで着替えることもできます。

その場合は、ドレスやスーツが濡れる心配がないので安心ですが

全部の式場がそういった対応をしているわけではないので、事前に式場に確認をしましょう。

ちなみに、よほど台風がひどかった場合は

新郎新婦からクリーニング代をもらえることもあります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回の内容をカンタンにまとめると…

・台風で結婚式が中止や延期になることは、ほとんどない。

・台風を理由に結婚式を欠席するのは、良くない。

・台風の中、結婚式に参加する時は「履き替え用の靴を1足」持って

「ドレスが隠れるくらいのカーディガンやトレンチコート」を羽織って参加しましょう。

結婚式当日に台風が直撃する確率は、そこまで高くありません。

しかし、直撃してしまった場合は、新郎新婦の気分は下がってしまうでしょう。

そんな時は、ゲストで盛り上げ、最高の結婚式にしてあげましょう!

きゃー新郎が風に飛ばされるー!

あわせてこちらもどうぞ

結婚式といえば、「ジューンブライド」と呼ばれている6月が1番多いイメージがしますが 実際、挙式が1番多いのは1...
結婚式と言えば、一生で一回の大舞台! 恋する女性なら、誰もが憧れるものだと思います。 素敵なウエディング...
結婚式を挙げる時に、人気のある月とそうでない月があるのは本当です。 人気のある月は、5月・10月・11月です。 ...
結婚式などお祝い事があると、楽しみな気持ちはあるものの服装のことが心配になりませんか? 「みんなはどんな服装で行くだろう?」と...
社会人経験を重ねると、上司の祝賀会や同僚の結婚式、親戚の法事などに 出席する回数が増えてきますよね。 で...
関連コンテンツ



スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする