10月は神様がいない?神無月の意味と由来。神嘗月・神去月等神様に纏わる月

レスポンシブ




金木犀の香る月

高校の頃、古典が大好きでした。

テスト勉強をしなくても常に高得点を出すくらい没頭していて、もはや古典マニアと言ってもいいくらい。

テスト前に古典の先生の部屋へ行き「天皇の娘たちが暮らしていた記述のある物語はありますか」と、テストとは関係のない質問をぶつけていた、面倒くさい生徒でした。

そんな私が好きな作品の一つが「つれづれ草」の「神無月の頃」。

兼好法師が徒然に書いたエッセイの1篇です。

この作品で「神無月」の読みを、神秘的で美しいと感じたことを今でも覚えています。

「神無月」、久々に気になってきました。

そこで今回は「神無月」の由来からはじまる「神無月」関連についてしらべてみます。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

神無月の意味・由来

「神無月」は、10月の旧暦名ですね。ご存知の通り「かんなづき」と読みます。

なぜ「神」様が「無」い「月」か。それは、全国の神様が出雲に出張(!?)されるからだそうです。

出張の目的は会議。出張の場所は出雲の、出雲大社です。

そしてそこで話し合われるのが、まずご縁についてです。

出雲大社は縁結びの神社として有名ですね。

誰と誰が知り合って結ばれて…という会議が行われるわけですから、縁結びとして有名になるのも頷けます。

他にも、次の年の天気や、農作物などについても、たくさんの神様で「どうするか…」と頭をひねるそうです。

何とも平和ですね。

とはいえ、逆に神様が出払っている地域は、神様不在で大丈夫なのでしょうか?

実は、大丈夫みたいです。

なぜなら、留守番の神様がいるから。

有り難いですね。

地域によっては、この留守番の神様を祭るお祭りが10月に催されているようです。

名前を「恵比須講」と言います。皆さんの地域にもありますか?

神無月以外の旧暦名は?

10月は、全国的には神無月ですが、出雲では「神在月(かみありづき)」といいます。なかなかイキです。

その他にも、10月には別名があります。

神様関連

10月は、神様関連が多いですね。

例えば、神嘗月(かんなめづき)・神な月(かみなづき)・神去月(かみさりづき)などです。

このうち神嘗月は、新嘗祭(宮中祭祀のひとつ)の準備をする月、という意味からきているようです。

冬関連

旧暦10月は、すでに冬。

そのため、初冬(しょとう)・上冬(じょうとう)・孟冬(もうとう)・玄冬(げんとう)などの旧暦名もあります。

ちなみに現在の10月下旬から12月上旬が、旧暦の10月に当たります。

スポンサーリンク

10月の行事

10月は大忙しの月です!

我が家は小学生が二人いるので学校の運動会、秋祭り、町内会の運動会、ご近所連帯のハロウィン…大変です。

ここではせっかくなので、今あげた以外の、わりとマイナーな10月の行事を紹介したいと思います。

・1日 衣替え

マイナーと言いながら、メジャーな日でしょうか。

すいません。

6月1日に夏服へ、10月1日に冬服へ衣替えですね。

学生服は一気に変わるので、秋の訪れを感じることができます。まだ、暑い日もありますけどね。

・10日 銭湯の日

なぜ10月10日が銭湯の日なのでしょう。

それは「1010」で、「千十(せんとお)」だからです!

10月10日が、以前は体育の日だったから、ということもありますね。

体育の日にスポーツを楽しんで、体を動かしてかいた汗を銭湯で流す。

また、銭湯で入浴することが、スポーツを同じように健康に良いとされることから、銭湯とスポーツの深い縁によりこの日が銭湯の日となったという、二通りの意味があります。

・14日 鉄道の日

1872年10月14日に初めて日本の鉄道が開業したことを記念に制定されました。

また1921年10月14日にも初代鉄道博物館が開館するなど、鉄道と深いかかわりのある日のようです。

・24日 国際連合デー

国連は日本が終戦を迎えた直後の、1975年10月24日に発足しました。それを記念して、国連が定めた平和の記念日が10月24日です。願わくは、国連の平和への思想と活動が世界の隅々にまで届きますように。

まとめ

神様が会議でお忙しい、神無月についてでした。

出雲大社の神様たちの会議では来年の天気も話し合われる、ということなので、できれば過ごしやすい、災害の少ない1年を過ごせますようお願いしたいところです。

「でも皆ハロウィンの月だと思っているにゃ」「もうそれでいいにゃ」

あわせてこちらもどうぞ

1月の事を、睦月とも言いますね。 睦月・如月・弥生……と学校で覚えた方も多いでしょう。 機械的に暗唱して覚えると...
寒い中に、梅や桃の花が優しく咲き始める2月。何となく春を待ちわびる季節です。 そんな美しい日本の2月は、旧暦で如月といいます。...
『やよい』と聞くと、何を思い浮かべますか? 定食屋、いちご(やよいひめ)、ソフトウエア開発会社、アニメのキャラクターな...
日本には旧暦名があり、12か月にそれぞれ美しい名前がついていますよね。 四季のある日本ならではの、自然に沿った名前が多...
5月です! 若々しい生命力に満ち溢れた力強い新緑、晴れた空にさわやかな風。 私の好きな季節です。 五月の別...
6月といえば、梅雨。 梅雨なのに、6月の別名が水無月。 水が無い月、そんな馬鹿な。 6月に水は昔からたっぷ...
いよいよ夏真っ盛りを迎える7月。 長い夜に大人は浮足立ち、長い夏休みに子供はワクワクしますね。 そんな7...
8月は夏真っ盛り。 そして最近の夏は暑いですね。 私が子供のころ、30度を超えると「うわー暑い…」と言っていた記...
9月は私にとって、うだるような暑さから解放されるちょっとうれしい月です。 そんな9月の旧暦名は、「長月」。 ながつきと読...

関連コンテンツ



スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする