7月の旧暦名は文月。手紙を書く月なの?由来は七夕にあり!

レスポンシブ




何を願いますか?

いよいよ夏真っ盛りを迎える7月。

長い夜に大人は浮足立ち、長い夏休みに子供はワクワクしますね。

そんな7月の旧暦名は文月。

文といえば手紙ですが、なぜ7月が手紙なのでしょうか。

今回は7月と文月について、色々調べてみました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

文月の意味・由来

実は文月の確たる由来はわかっていません。

今回は由来候補の中から、厳選した説を紹介します。

七夕から由来

七夕に、皆さんは願いを書いた短冊をささに飾ったことがありますか?

そういえば去年、ショッピングモールで短冊と笹を発見し、子供たちが一生懸命何か書いていました。

この七夕の短冊に願いを書く風習は、ずいぶん昔からあるようです。

短冊に、「文(ぶん)」を書く。

どうやら、この短冊に書く「文」から、「文月」となったとする説が伝えられています。

また、七夕には本を虫干しする風習があったそうです。

本のことを、昔は「文(ぶん)」と呼んでいました。

そこから「文月」になった、とも言われています。

稲の穂が由来

5月に田んぼに植えた苗がずいぶんと大きくなり、7月には穂が膨らんできます。

その様子から、7月のことを

「穂が含んでいる(膨らんでいる)月」→「穂含月(ほふくみつき)」と呼んでいました。

そこから派生して、「穂含月」→「ふくみつき」→「文月」となったようです。

伝言ゲームのようで、面白いです。

7月は文月以外にも旧暦名はある?

文月の他に、7月を表す名称を紹介します。

「秋」や「七夕」がキーワードのようです。

・初秋(しょしゅう) 新秋(しんしゅう) 孟秋(もうしゅう)

現在では初夏のイメージがある7月ですが、旧暦では秋の始まりの月だったようです。

そのため秋のはじまりの意味で・初秋、秋が新たにやってくる意味で・新秋という異名があります。

孟秋の『孟』の意味は、『初め』。

初秋の文字違いのようです。

・七夕月(たなばたづき) 七夜月(ななよづき) 文披月(ふみひらきづき)

七夕月と七夜月は、どちらも七夕がある月という意味です。

文披月は、「ふみを披いて(ひらいて)さらす月」という意味が込められています。

これは、七夕の日に本(=文:ふみ)を広げて夜風にさらす風習があったため、つけられた名前です。

文月の異名として多くの名前が関係する7月7日の七夕は、現在の私たちが迎える七夕よりも盛大だったのかもしれませんね。

ほかにもいろいろありますが、自然や風習をもとにした名前がやはり多いようですね。

7月の行事

秋のはじまりである旧暦の7月ですが、現代の7月は夏のはじまり。

そんな7月の、今の主な行事をまとめてみました。

・1日 海開き

最近は海水浴に行く人がずいぶん減ったようですね。

確かに我が家も海には行っていません。

行くならプールですが、私が小さい頃はよく親に海へ連れて行ってもらいました。

波遊びが楽しいんですが…海はそのあとが大変。

海水でべたべたするし、砂はいつまでも落ちない…。

楽しいんですけどね。

どちらにせよ、海もプールも泳ぎ始めは大体この日。

子供には、待ち遠しい日ですね。

ただ、海にいる危険な生き物には気をつけましょう!

突然ですが、みなさん海遊びは好きですか? 夏になるとカンカン照りの太陽と青い海が恋しくなりますよね。夏休みは家族や友人...

・5日 穴子の日

穴子の旬は夏なんですって。

夏の穴子は、あっさりしてたんぱくな味だそうです。

昨今、世界的な観光地としてすっかり有名になった広島県、安芸の宮島。 宮島といえばもみじ饅頭や牡蠣が有名ですが、実は穴子飯も相当...

・6日 サラダ記念日

”「この味がいいね」と君が言ったから 七月六日はサラダ記念日”

1987年、俵万智さんの同タイトルの詩集が大ヒットしました。

でも、まさか真実がこうだったなんて……!↓

“「この味がいいね」と君が言ったから 七月六日はサラダ記念日” 歌人、俵万智さんが詠んだこの短歌は、1980年代に大流...

・7日 七夕

織姫と彦星が年に一度会える日ですね。旧暦の頃はお盆と日が近く、お盆と関連した行事だったようです。

七夕には願い事を書きますが、昔の子供はよく「字がきれいになりますように」と書いていたらしいです。私も見習って、次の七夕には書こうかしら。

ここ何十年かなじみのなかった七夕飾り。子供が幼稚園に通う頃から、急に身近になりました。 本を買って、子供と折り...
だんだん日も長くなってきて、もう夏はすぐそこまで来ていますね! 夏になると1番最初にやってくる行事が「七夕』です。 ...
いくつになっても願い事をするのってワクワクドキドキしますよね。 流れ星を見つけたら、お願い事を3回言ったり、 ク...

おーほしさーまー きーらきらー♪

七夕の歌の秘密

「たなばたさま」の歌には、優しくて風流な印象を受けます。 冒頭に「さ」が多いためだ、と聞いたことがありますが、...

七夕の日はそうめんを食べましょう♪

7月7日は七夕の日。短冊に願いを書いて、笹に飾り付けた経験はみなさんもきっとあると思います。 このような伝統行事は大切...

・7日 サマーバレンタインデー

夏のバレンタインです。

恋人に、ひまわりの花やチョコレートをプレゼントをする日だそうですよ。

皆さんは、サマーバレンタインという言葉は聴いたことありますか? 私は、最近まで知りませんでした。 調べてみると、最近新し...

・7日 ポニーテールの日

なんと、織姫はポニーテールだったそうです!!

それを記念して、日本ポニーテール協会がポニーテールの日と制定したのがこの日。

せっかくなので、娘たちにもポニーテールをしてあげようかな。

・15日 世界ありがとうの日

この日を「世界ありがとうの日」に定めたのは、日本の意外な会社でした!

他にも「ありがとうの日」は色々あります……。

ありがとうって、優しくっていい言葉ですね。 その語源は、「有り難し」。 歌舞伎や時代劇に出てきそうな硬い言葉です...

・第3月曜日 海の日

いつの間にか海の日も山の日も定着しましたね。

娘たちの小学校では、海の日あたりから夏休みが始まります。

学生たちがウキウキし始める祝日ですね。

スポンサーリンク

7月といえば

夏休み開始!

7月後半から夏休みです!

子供は楽しみ♪

親は考えただけで、どっと疲れる夏休みの始まりです。

夏休みの宿題は、7月中に終わらせましょう!

まだ蛍のシーズンですね。

七夕は夜空の星と、蛍の光で癒されます。

昔は初夏になるとあちこちで見られていた蛍ですが、今では滅多に見られなくなりました。 あの儚い明かりは、日本らし...

1月~12月の旧名・行事など

1月の事を、睦月とも言いますね。 睦月・如月・弥生……と学校で覚えた方も多いでしょう。 機械的に暗唱して覚えると...
寒い中に、梅や桃の花が優しく咲き始める2月。何となく春を待ちわびる季節です。 そんな美しい日本の2月は、旧暦で如月といいます。...
『やよい』と聞くと、何を思い浮かべますか? 定食屋、いちご(やよいひめ)、ソフトウエア開発会社、アニメのキャラクターな...
日本には旧暦名があり、12か月にそれぞれ美しい名前がついていますよね。 四季のある日本ならではの、自然に沿った名前が多...
5月です! 若々しい生命力に満ち溢れた力強い新緑、晴れた空にさわやかな風。 私の好きな季節です。 五月の別...
6月といえば、梅雨。 梅雨なのに、6月の別名が水無月。 水が無い月、そんな馬鹿な。 6月に水は昔からたっぷ...
8月は夏真っ盛り。 そして最近の夏は暑いですね。 私が子供のころ、30度を超えると「うわー暑い…」と言っていた記...
9月は私にとって、うだるような暑さから解放されるちょっとうれしい月です。 そんな9月の旧暦名は、「長月」。 ながつきと読...
高校の頃、古典が大好きでした。 テスト勉強をしなくても常に高得点を出すくらい没頭していて、もはや古典マニアと言ってもいいくらい...
11月の旧暦名、「霜月」。「しもつき」と読みますね。 霜、と聞くと寒そうに感じますが、実際に11月には霜を見ることはほ...
1年の最後の月である12月、別名「師走」といいます。 よく耳にする言葉ですし、この言葉を使っている方も多いと思います。...

まとめ

今回は旧暦の7月についてまとめてみました。

まとめながら、旧暦の文月が一般的だったころは約7割が七夕関連で埋め尽くされていたんだな…と感じました。

皆さんの7月は何がメインですか?

私は猛暑に備えた体力づくりに努めたいと思います。

星に願いを

関連コンテンツ



スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする