弥生3月の由来。別の旧暦名も、雛月・桃月・桜月など可愛らしいです。

レスポンシブ




萌え出ずる 若葉の色ぞ 美しき 花さき実のる 末も見えつつ

『やよい』と聞くと、何を思い浮かべますか?

定食屋、いちご(やよいひめ)、ソフトウエア開発会社、アニメのキャラクターなどなど、多かれ少なかれ、誰でも一度は耳にしたことがある名前だと思います。

こうした現代の『やよい』の多くは、おそらく日本の旧暦の3月の名前『弥生』か、大昔の時代の一つ『弥生時代』に由来するものだと思います。

春を感じる前向きなイメージと、『やよい』という柔らかな音は、現代でも様々な場面で使いやすいのかもしれません。
今回は、日本人になじみ深い『弥生』をもっと知るための情報や、『弥生』の行事を紹介していきます。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

どうして3月を弥生というの?

個人的には『弥生』と聞くと、昔のアニメ「一休さん」に出てきた桔梗屋さんの娘さんを思い出します。マニアックですいません。

さて、そんな『弥生』は、皆さんご存知の通り『やよい』と読みます。
語源は『木草 弥や 生い茂る 月(きくさ いや おいしげる つき)』が短くなって『弥生』となった説が有力です。意味は、

「草や木が ますます(弥や) 生い茂る 月」=「春が来て草や木が元気に生い茂っていく月」

で、まさに春を力強く感じさせる言葉ですね。

ちなみに、私にとっても草花や木々が冬を超えて美しさを取り戻す大好きな『弥生』ですが、花粉症の弟にとっては地獄のような月だそうです…。

3月は弥生以外にも旧暦名はある?

『弥生』も美しくかわいらしい名前ですが、3月にはこのほかにもしゃれた名前が多くあります。

・雛月(ひいなつき)

漢字を見てわかるように、雛はひな祭りを意味します。つまり雛祭りを行う月ということです。

・桃月(とうつき)

雛月からの派生です。ひな祭りは別名、「桃の節句」と呼ばれることからこの名前が付いたとされます。桃が非常に美しく咲き誇る3月にぴったりの名前です。

・桜月(さくらつき)

先ほどの桃月の桃は、梅桃桜に代表される春の木花の一つです。桃の次は桜。昔から愛されていた花だということがわかります。3月はピンク色ですね。

ほかにも、花見月(はなみつき)、花月(かげつ)、早花咲月(さはなさづき)など、3月を表す旧暦は花でいっぱいのようです。

スポンサーリンク

3月の行事

日本の3月の呼び名は、花に関係する名前が多いようですが、それでは行事はどうでしょう?

日本ならではの行事をまとめてみました。

・1日から14日 修二会(しゅにえ)

自分の罪汚れをざんげして、五穀豊穣などを祈る仏教行事です。

あまりなじみはないですが、寺によっては約半月にわたって水と火による華麗な行法が行われるようです。

火の粉を浴びると悪いものが払われるともいわれています。

・3日 ひな祭り・桃の節句

女の子の節句ですね。ひな人形を飾って女の子の成長を祝いますが、昔と違って最近ではひな人形もコンパクトになりました。

豪華な7段飾りは見栄えもして子供も喜びますが、置く場所や準備、片づけを考えるとハードルが高くなってしまいます。

我が家でもリビングの棚の上に飾れるものを購入しました。時代に合わせながら、受け継いでいきたい行事です。

・21日 春分

二十四節気の一つで、昼と夜の長さがほぼ等しくなる日ですね。この日を境に昼の長さがだんだんと伸びていき、春が本格的にやってきます。

・お彼岸

春分と対をなすのは秋分ですね。春分の日と秋分の日の前後3日を合わせた合計7日ずつが、お彼岸です。

彼岸には、迷いの多い現世「此岸(しがん)」を離れて、安楽な来世「彼岸」に行くという意味があるため、この時期にお墓参りに行く人が多いです。

まとめ

あたたかく花が咲き誇る春が来るとウキウキする気持ちになりますが、それは昔の人たちも同じだったようです。

昔の人の方が、新学期や年度初めの行事がない分、もっと楽しい季節であったかもしれませんが。
草や木が芽吹くように、新しい年度に向けて伸びていきたいですね。

春の息吹が聞こえる…

併せてこちらもどうぞ

1月の事を、睦月とも言いますね。 睦月・如月・弥生……と学校で覚えた方も多いでしょう。 機械的に暗唱して覚えると...
寒い中に、梅や桃の花が優しく咲き始める2月。何となく春を待ちわびる季節です。 そんな美しい日本の2月は、旧暦で如月といいます。...
日本には旧暦名があり、12か月にそれぞれ美しい名前がついていますよね。 四季のある日本ならではの、自然に沿った名前が多...
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする