9月の月は何が長い?長月の意味と由来、紅葉月・菊咲月・色取月、美しい別名も

レスポンシブ




今来むと 言ひしばかりに 長月の有明の月を 待ち出でつるかな

9月は私にとって、うだるような暑さから解放されるちょっとうれしい月です。

そんな9月の旧暦名は、「長月」。

ながつきと読みますね。

読んで字のごとく、きっと何かが長いのでしょうが、一体9月の何が長いのでしょうか?

今回は長月の由来と、9月について調べてみました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

長月の意味・由来

調べてみると、「長月」の「長」にはいろいろな由来があるそうです。

ちなみに旧暦の「長月」は現在の10月上旬から11月下旬

秋真っ盛りで冬に向かう頃ですね。

由来の1つ目が、です。

旧暦9月は雨が多く降る時期に当たります。

そのため「長い雨の月」→「長雨月」が転じて、「長月」となったとする説です。

2つ目が、稲刈りです。

稲刈りをする月であることから「稲刈月(いねかりづき)」が、「ねかづき」となって、さらに転じて「長月」となった説です。

旧暦名の由来は、このような伝言ゲームのように変わった結果が現在に残っているパターンが多いですが、この「稲刈月」の伝言ゲームは特に、想像力が働いていますね。面白いです。

3つ目が、

本格的な冬に近づいていくことから、夜がだんだん長くなる様子を「夜長月」と表し、夜が抜けて「長月」となった説です。個人的にはこれが一番しっくりきます。

長月以外の旧暦名は?

いろいろと「長い」「長月」ですが、長くない「長月」(!?)も紹介したいと思います。

季節の木花を用いた名前

「紅葉月(もみじづき)」「菊月(きくづき)」「菊咲月(きくさきづき)」「菊開月(きくさきづき)」など、秋の代表である紅葉や菊の名前が旧暦名になっています。

美しいですね。

さらに、「色取月(いろとりづき)」なんて、木々の紅葉の美しさを表した名前もあるようです。

ズバリ「秋」を指す旧暦名

時期的に秋であるためか、ずばり秋を表す名前もあります。

「晩秋(ばんしゅう)」「暮秋(ぼしゅう・秋の呉の意味)」「季秋(きしゅう)」などがあります。

同じ「秋」を使った名前でもいろいろありますね。

そのほか

「建戌月(けんじゅつづき)」「青女月(せいじゅづき)」「小田刈月(おだかりづき)」など、幅広く9月が表現されています。

私は「色取月」が好きですね。

スポンサーリンク

9月の行事

調べていると、9月にもいろいろな行事があるな、と改めて思いました。

みなさんはどの行事に思い入れがありますか?

1日 防災の日

1923年(大正12年)年9月1日に起こった関東大震災。

それにちなんで「防災への備えをする日」として制定されたのが、「防災の日」です。

大切な日だな、と思いつつ、なかなか防災について家族で真剣に考えることもありません…反省。

保存食や集合場所など、色々話しておきたい日ですね。

9月8日頃 白露【二十四節気】

毎年9月8日頃を二十四節気です。

朝や夕方に涼しい風が吹き、少し肌寒さを感じ始める、そんな時期になります。

日本には、春夏秋冬というように四季がありますよね。 実は、四季の他にも季節を分けているものがあるのは、ご存知で...

第3月曜日 敬老の日

おじいちゃんおばあちゃんを敬い、長生きを祝う日ですね。

最近では元気なお年寄りも増えましたね。

ご近所の60代の方たちも、おじいちゃんおばあちゃんと呼ぶと失礼かな、と感じさせる若々しさをお持ちの方もたくさんいらっしゃいます。

私も見習って、若々しく、愛らしいとしの取り方をしたいものです。

9月になると敬老の日が近づいてきますね。 敬老の日は 「今まで長い間、社会のために尽くしてきてくださった...

中旬 十五夜(お月見)

満月に、ススキにお団子。

十五夜は美しい満月を楽しむ日ですね。

毎年十五夜の日は違いますが、だいたい9月中旬。今年も楽しみです。

秋の風物詩といえば、十五夜のお月見を思い出す人が多いのではないでしょうか? お月見にかかせなものと言えば、おだんごとススキです...
「十五夜」と聞くと「十五夜お月さま見て跳ねる〜♪」とわらべうたの「うさぎ」が 思い浮かぶ方や、秋をイメージする方も多いと思いま...

中旬 お月見どろぼう

十五夜に出る可愛いどろぼうさんです。

朝晩の気温が少しずつ低くなり、秋の訪れを感じる季節になってきましたね。 秋のメインイベントと言えば、お月見です...

23日ごろ 秋分の日

日本の季節を表した「二十四節気」の一つで、祝日ですね。

太陽が真東から登って真西に沈む日です。

さらにご先祖様を想い、お墓参りをする日でもあります。

対になる「二十四節気」が「春分」です。

カレンダーを見る時に、日付の部分に書いてあるのが祝日です。 そんな祝日は、2018年の1年間で16日あります。 あなたは...

お彼岸

秋のお彼岸とは、秋分の日を真ん中に挟んで前後3日間を合わせた7日間です。

初日を「彼岸入り」、終日を「彼岸明け」、秋分の日を「中日(なかび・ちゅうにち)」と言います。

3月には「春のお彼岸」があります。

どちらのお彼岸も、お墓参りに行きますね。

季節を表す日本の休日といえば、春分の日と秋分の日です。春夏秋冬をもつ日本ならではの、自然を愛する心が感じられる美しい休日だと...
実家の墓は、なかなか険しい場所にあります。 急斜面で、ランダムな形の石段、お墓の間が30㎝程度しかない場所に道があったり、40...

まとめ

「長月」はいろいろな「ながい」が由来になっていることがわかりました。

旧暦の9月は、今の9月とは少し事情が違いますが、「ちょっとずつ夜が長くなっていく」という解釈は現代でも通じるものがあるな、と思いました。

月より団子?

併せてこちらもどうぞ 1月~12月

1月の事を、睦月とも言いますね。 睦月・如月・弥生……と学校で覚えた方も多いでしょう。 機械的に暗唱して覚えると...
寒い中に、梅や桃の花が優しく咲き始める2月。何となく春を待ちわびる季節です。 そんな美しい日本の2月は、旧暦で如月といいます。...
『やよい』と聞くと、何を思い浮かべますか? 定食屋、いちご(やよいひめ)、ソフトウエア開発会社、アニメのキャラクターな...
日本には旧暦名があり、12か月にそれぞれ美しい名前がついていますよね。 四季のある日本ならではの、自然に沿った名前が多...
5月です! 若々しい生命力に満ち溢れた力強い新緑、晴れた空にさわやかな風。 私の好きな季節です。 五月の別...
6月といえば、梅雨。 梅雨なのに、6月の別名が水無月。 水が無い月、そんな馬鹿な。 6月に水は昔からたっぷ...
いよいよ夏真っ盛りを迎える7月。 長い夜に大人は浮足立ち、長い夏休みに子供はワクワクしますね。 そんな7...
8月は夏真っ盛り。 そして最近の夏は暑いですね。 私が子供のころ、30度を超えると「うわー暑い…」と言っていた記...
高校の頃、古典が大好きでした。 テスト勉強をしなくても常に高得点を出すくらい没頭していて、もはや古典マニアと言ってもいいくらい...
11月の旧暦名、「霜月」。「しもつき」と読みますね。 霜、と聞くと寒そうに感じますが、実際に11月には霜を見ることはほ...
1年の最後の月である12月、別名「師走」といいます。 よく耳にする言葉ですし、この言葉を使っている方も多いと思います。...
関連コンテンツ



スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする